アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2016年8月 9日 【 村人物語

ハセブッラーさん
―レストラン シェフ―

2016年度アフガニスタン事業インターン 戸澤 典子
2016年8月 9日 更新
20160809-af-1.jpg

ハセブッラーさんはジャララバードのイスティクラル・レストランのシェフです。
4人のお子さんを持つ(息子さん二人、娘さん二人)27歳のお父さんで、クナール州ナンガラムで暮らしています。ハセブッラーさんは アフガニスタンの様々な料理、例えばアフガン風パラウ(お肉の炊き込みご飯)、コルマ(お肉の煮込みスープ)やなど様々な料理を人々に提供し、シェフとしてお客さんに喜んでもらうことに満足しています。(お料理は下の写真をご覧ください)ちなみに彼の好物はオクラ、趣味は休日に公園を散歩すること、友達と会うこと、クリケットをすることだそうです。

アフガン風パラウアフガン風パラウ
アフガン風コルマアフガン風コルマ

ハセブッラーさんは小学校に上がり読み書きが出来るようになりましたが、後に中退しました。長男として年老いた父親の代わりに家族を支えるためでした。 日々の生活費を稼ぐためレストランで働き始め、5年間で様々な料理を学びクッキング・エキスパートになりました。十分な経験を積んだことで、パキスタンにある別のレストランでキュイジーヌ・エキスパートの仕事に就きお給料も上がりました。

イスティクラル・レストラン内イスティクラル・レストラン内
 パラウを盛りつけるハセブッラーさん パラウを盛りつけるハセブッラーさん

ハセブッラーさんの同僚から話を聞くと、彼の仕事ぶりにとても満足しているとのことです。ハセブッラーさんは単にシェフであるというだけでなく彼の正直で忠実な人柄、また仕事に対する姿勢、提供する料理のおかげでホテルが有名になったと言います。

このようなハセブッラーさんからの生き方から伝わるメッセージです。「どのような仕事であれ義務であれ、それらに対し忠実に正直になってください。そして教育を受けること、そうでなくてもなにか技術を身に付けることです。それがきっと人生を変え、あなたが目標に達するための手助けをしてくれることでしょう。」

ハセブッラーさんの好物のオクラ料理 ハセブッラーさんの好物のオクラ料理 
ヘラル 人参とレーズンの甘いサラダヘラル 人参とレーズンの甘いサラダ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net