アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【アフガニスタンからサラーム♪】
第五回 庭師、カン・ミルさん

2014年度 アフガニスタン事業インターン 佐藤 久実
2015年2月26日 更新

アッサラーム・アレイコム!

庭師のカン・ミルさん庭師のカン・ミルさん

今回紹介するのは、「庭師」として診療所と簡易診療所の庭の整備や管理を行っているカン・ミルさんです。現在推定55歳(正確な記録がないため)で、アフガニスタンの長い紛争を経験してきたカン・ミルさん、どのような人生を送ってきたのでしょうか?そしてJVCでどのような仕事をしているのでしょうか?

彼はJVCの事業地であるゴレーク村の農家に生まれましたが、早くに両親を亡くし、子どものころから牛飼いの仕事をしていたそうです。そして13歳の時には結婚し(相手の女性は9歳)、2人目の子どもが生まれたころにアフガニスタン内戦が始まり、家族と共にパキスタンの難民キャンプに逃れました。

最初はキャンプ内で日雇いの仕事をしていましたが、ある日難民キャンプ内の事務所の庭師の仕事を紹介され、そこで11年ほど庭師を勤めたということです。これがカン・ミルさんにとって庭師としての最初の仕事でした。その後もパキスタンのペシャワールにあるホテルで15年庭師をし、2009年にアフガニスタンに帰国、JVCで庭師として働くに至りました。学校には行ったことがなく読み書きは出来ないとのことですが、庭師としてのキャリアは32年にもなるのです!

たとえ現場に行けなくても
~現地スタッフとスカイプで交流~

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2015年2月26日 更新

2001年9月11日の同時多発テロ事件から、アフガニスタンは米軍主導の「テロとの戦い」の舞台となりました。それから13年以上経ち、昨年には新大統領を迎えましたが、現在もなお治安は改善せず、多くの民間人が犠牲となっています。JVCアフガニスタンでは、戦争で大きなダメージを受けた医療と教育の分野で活動しています。

2月、JVCアフガニスタンの教育事業を長年にわたって支援してくださっているWE21ジャパンの皆様に向けて、事業進捗の報告会を開き、都市部から遠い僻地の学校で行っている先生のトレーニング『授業研究』の今年度のハイライトをお伝えしました。

例えば、今年度は初めて女性の先生がこのトレーニングに参加したことなど、少しずつ教育の取り組みにも進展が見られてきました。(活動の詳細はこちら

小野山統括の一日

2014年度 アフガニスタン事業インターン 佐藤 久実
2015年2月 9日 更新

サラーム!

笑顔がすてきな小野山統括笑顔がすてきな小野山統括

アフガニスタンではここ数年不安定な治安状況のため、日本人スタッフが事業地に駐在・出張できない状態がつづいています。では東京スタッフは普段どのような仕事をしているのでしょうか?今回は、現地・東京スタッフ合わせて30名以上を束ねるアフガニスタン事業小野山統括の一日に迫ってみたいと思います!

小野山統括の一日はパソコンでの仕事から始まります。現地の治安状況を確認したり、メール対応や会議資料の準備をしたり、現地スタッフからの活動レポートに目を通したり、日本の支援者の皆さんへの報告書を作成したり...と、仕事は次から次へとやってきます。

会議などの話し合いの場は事業をするうえでとても重要です!会議などの話し合いの場は事業をするうえでとても重要です!

さて、今日はチーム会議がある日です。現在アフガニスタン事業に関わる東京スタッフは小野山統括を含め3人。それぞれが担当するプロジェクトの進捗状況やスケジュールの共有、トラブルや課題について議論します。アフガンチーム会議の他にも、東京スタッフ全員が参加するオフィス会議はじめ、日々様々な種類の会議が開かれています。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net