アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2012年9月28日

アフガン出張レポート【5】 村の長老たちとご対面の巻

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2012年9月28日 更新

JVCアフガニスタンの事務所自体はジャララバードの街にありますが、実際にプロジェクトとして診療所を運営しているのは街から少し離れた村の中です。今日の事務所訪問者は、JVC診療所のある、シェワ郡クズ・カシュコート村の長老さんたちです。彼らは地域の「保健委員」を務め、実質的な村のリーダーでもあります。

保健委員会メンバーの皆さん。右端はシャプール医師保健委員会メンバーの皆さん。右端はシャプール医師

やはり皆さんひげが立派で、年配の方たちなので、なんとも言えない威厳あるオーラを感じます。本日の彼らの事務所訪問は、JVCの新スタッフである私たちとの顔合わせのためでした。

JVCの医療支援や教育のプログラム、そして日本という国をとても好意的に見ていると話して頂き、こちらからは、JVCが目指す予防に注力した地域の健康促進のカギとなるのが、彼らのような地域保健委員の役割だということを伝えました。JVCのワハーブ医師とシャプール医師の通訳を介しながらではありますが、直接言葉を交わすことができて不思議な気持ちになりました。これから私も、JVCが築いてきた地域との協力関係をより強めていくために努力していきます。

お昼は女子会♪お昼は女子会♪

さて、アフガニスタンの伝統的な習慣では男女は一緒に食事をとらないので、私は男性スタッフと長老たちとは別の部屋で、同じくJVC保健アドバイザーの西さんと一緒に、アフガニスタンの女性スタッフ二人とお昼を食べました。

今日のメニューはとっても豪華!ドデ(パンのこと)、米、オクラ、チキン、きゅうりとレタス。デザートには甘酸っぱいメロン。今のアフガニスタンはフルーツがとてもおいしい時期のようで、どれも日本のものより甘い気がします。

このお米を手で食べるこのお米を手で食べる

今日は私が大好きなお米も出てきて嬉しい! 普通は一人一枚のドデが配られるのですが、お米があるときは半分です。お米を食べるためにスプーンがいるかと聞いてくれたのを断り、私も手で挑戦です! パラパラのお米をうまくまとめてから口に運ぶコツをも教えてもらいましたが、やはり難しく、お皿から口への移動の間にぱらぱら落としてしまいます。
が、周りを見ると、皆もまぁまぁ落としているので、いいのかなと思いました。

現地語であるダリ語・パシュトゥー語話者の彼女たちとは、お互いあまり言葉が通じませんが、食材の名前を教えてもらいながら、楽しくおいしくお昼を頂きました。

さて、現地語といえば、1つ面白いエピソードをご紹介。JVCアフガンスタッフのほとんどは、上記の通りダリ語とパシュトゥー語が母国語です。男性スタッフは英語も話しますが、やはりネイティブスピーカーではないので、母音(a,e,i,o,u)が入れ替わったりあいまいだったりすることがあります。

例えば私の名前はMAKI KATO。とても簡単なようですが、メールなどやりとりでもKATOがK"O"TOになっていたり、MAKIがMIKAになっていたりします。保健アドバイザーの西(NISHI)さんもN"A"SHIさんと書かれ、小野山(ONOYAMA)さんの名前が呼ばれる時は、ON"I"YAMAさんに聞こえてなりません。オニヤマさん...(笑)

そしてついに事務所内でもこんなものを見つけました!

なんと魅惑的な部屋だこと!なんと魅惑的な部屋だこと!

イスラム教徒であるスタッフがお祈りをするための部屋かしらと思いきや、実はこれ、トイレの表示。"Washroom"(お手洗い)と書くつもりで、 "Wishroom" (願いごとの部屋?)になっていたのでした。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net