アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ワクチン接種キャンペーン

JVCアフガニスタン保健アドバイザー 西 愛子
2008年8月 8日 更新

この7月28日より長谷部貴俊現地代表と西愛子保健アドバイザーがアフガニスタンに約2週間の予定で現地入りしています。
アフガニスタンはいま夏真っ盛り、気温は日本と同じかそれ以上に暑い日が続きます。そんな中、プロジェクトを進める合間に現地のようすを西愛子が送ってきてくれました。ニュースなどでは、アフガニスタンの一部地域で米軍など外国軍とタリバーンをはじめとする反政府グループとの衝突が続いているといった報道が流れていますが、JVCの活動地域がある東部ジャララバード市近郊ではそういった戦闘はなく比較的状況は落ち着いています。それでも、今回の報告にもあるような土地の領有をめぐっての村人の間での対立がアフガニスタンでは起きることもあります。せっかく子どもたちを病気から守ろうと進めてきた予防接種ですが、こういったことで妨げられてしまうのは悲しいことです。少しでもこういったことが起きないよう、対立ではなく対話の輪が広がることを願っています。

6月までの報告

アフガニスタン事業担当 長谷部 貴俊
2008年8月 8日 更新

アフガニスタンでJVCは、約27,500人が暮らすナンガルハル県ゴレーク集合村で唯一の診療所を運営しています。診療所では分娩室や女性外来診療室の整備など、一般外来のほかに母子保健分野の充実に力を入れています。診療所から遠い村では定期的に医師が出張し診療を行っています。また、病気を予防し健康を維持するために住民の健康相談に乗る「地域保健員」の養成や家庭での出産を介助する「伝統産婆」の技術研修も行っています。
今回は、今年1月から6月まで行われた活動を含め最近の状況についてご報告させていただきます。

アフガニスタンの現状に関する勉強会を開催しました。

JVCアフガニスタン事業担当補佐 谷山 由子
2008年8月 1日 更新

JVCは、さる7月17日にアジアプレス・インターナショナルの白川徹氏を招き、現地取材から見えたアフガニスタンの現状について勉強会を開催しました。いろいろな情報交換やディスカッションを行うにつけても、国際社会や首都カーブルで語られる「対テロ戦争」や「復興」と、アフガニスタンの地方に住む人々の実感や視線との間には、大きな食い違いがあるように思えてなりません。今後も、こうした問題意識や視点に基づいて議論を重ねていく予定です。(JVCインターン塩見正裕)

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net