アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2014年 9・10月号

2014年度 アフガニスタン事業インターン 佐藤 久実
2014年10月16日 更新

アフガニスタン新大統領決定、アシュラフ・ガニ元財務相

4月の初回投票から半年近くを経て、9月21日にアシュラフ・ガニ元財務相が新大統領として発表されました。ガニ氏の対立候補であったアブドラ・アブドラ元外相は挙国一致政権を発足させる合意書に正式に署名し、首相職に相当する行政長官に就任することとなりました。アブドラ氏は決選投票の結果を不正があるとして受け入れ拒否を表明するなど混乱がありましたが、今回の合意により国家分裂の危機は免れることができたということです。

毎日新聞 2014年9月21日(日)

カルザイ大統領、退任演説でアメリカを非難

カルザイ大統領は退任直前の演説で、「新政府はアメリカに注意深くあるべきだ」と忠告し、アメリカを非難しました。カルザイ氏は「アフガニスタンでの戦争は外国人の利益のために行われ、アフガン人はその被害者である」と述べ、さらに「アメリカとパキスタンが平和を希求しない限り、アフガンに平和が訪れることはない」と語りました。

新政権が発足し国家再建が進められる中、両国の過度の干渉を控えるよう訴えました。カルザイ氏は2015年以降の米軍駐留継続を定める安全保障協定の調印を拒否してきましたが、ガニ次期大統領はこれに署名すると見られています。

BBC 2014年9月23日(火)原文英語

日本経済新聞 2014年9月25日(木)

新大統領就任式

アフガニスタンの首都カブールにて、9月29日、アシュラフ・ガニ新大統領の就任式が行われました。就任演説では「この国に平和と安定をもたらすことが私の優先課題だ」と強調しました。ガニ氏が大統領、アブドラ氏が新設の「行政長官」(首相に相当)に就任するという形で合意に至りましたが、2人の権限の線引きは曖昧で「権力の二重構造」が再び混乱を生むのではないかと不安視されています。

日本経済新聞 2014年9月29日(月)

米軍のアフガン駐留継続、両国が協定に調印

9月30日、新大統領を迎えたアフガニスタンと米国は安全保障協定に調印し、米軍が来年以降もアフガンに駐留することが可能になりました。また同時に北大西洋条約機構(NATO)とも同様の協定が結ばれました。これにより、今年末以降、米軍はNATO要員とともに9800人の部隊を残留させ、15年末までにこの部隊を半減、16年末までには全面的に撤退する見通しとなっています。

CNN.co.jp 2014年10月1日(水)

性的虐待事件がアフガニスタンで増加

アフガニスタンで性的虐待や暴行の事件が急激に増えていることがNAWA(New Afghanistan Women Association:新アフガン女性協会)の調査で分かりました。調査は6つの県で行われ、過去半年だけで240の事件が記録されているということです。

ほとんどの事件には権力者、犯罪者、非合法に武装した者などが関与していますが、これは彼らに対して被害者の法的保護や女性への暴行を禁じた法律が適正に施行されていないことが理由として挙げられます。NAWAの報告によると、今年起きた性的暴行事件の約4割は家族内で起きているため訴訟には至っていません。また、事件のうち6割において6歳から13歳の子どもが被害を受け、少なくとも25人が死亡しました。

TOLO News 2014年9月24日(水)原文英語

キャメロン英首相、アフガニスタンを電撃訪問

10月3日、キャメロン英首相は予告なしにアフガニスタンを訪問しました。新政権発足後、西側諸国の首脳としては初のアフガニスタン訪問です。キャメロン首相は今年末までに、現在アフガニスタンに駐留中のイギリス軍の戦闘部隊を撤退させるが、2017年までは、アフガニスタンの治安機構に向けて年間1億7800万ポンド(約306億円)の資金援助をすることを約束しました。

ロイター 2014年10月3日(金)

TOLOnews 2014年10月3日(金)原文英語

WFP(世界食糧計画)、アフガン支援資金への懸念

 世界食糧計画 (WFP)は、アフガニスタンでのプログラムにおいて4000万USドルの赤字に直面しているということです。援助機関は外国軍の撤退とともに、人道支援活動への資金も減少するのではないかと懸念しています。国内避難民の増加(特に南部ヘルマンド県周辺)や子どもの栄養失調など人道的支援の必要性は依然として高い状態が続いているにも関わらず、WFPは既に配布する食料を減らしつつあり、今後さらなる削減が必要になる可能性も出ています。

IRIN News 2014年10月10日(金)原文英語

監修:加藤真希(アフガニスタン事業担当職員)

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net