アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
声明

JVC他33団体、即時停戦と恒久的な解決を求める共同声明を発表

2014年7月15日 更新

JVCをはじめとした被占領パレスチナで活動する国際NGO34団体は、イスラエルやハマース等に対して即時停戦を要求し、紛争当事者の国際人道法・人権法の違反行為に対する責任を明らかにし、ガザ地区の封鎖を停止し、パレスチナとイスラエルの一般市民の安全と人権を保障する恒久的な解決を求める共同声明を出しました。

ダウンロードできるデータ
Final Version 34 Organizations Call For Ceasefire.pdf
AIDA声明和訳

(以下和訳)

翻訳:JVC 今野

パレスチナで活動する国際NGO34団体は、停戦、および平和を実現するための持続可能な解決を求めます。

私たちは、全ての組織に、軍事行動を停止することを求めます。2009年以降の歴史が示しているように、軍事行動が、ガザ地区とイスラエルの人々に平和と安全をもたらすことはありませんでした。過去数年間、私たちは何度も繰り返し、停戦を求めるとともに、全ての紛争当事者に対し、民間人を傷つけないように保護することを要請してきました。それにもかかわらず、悲しいことに、過去の停戦は続かず、私たちは命を救うための緊急支援へと再び戻り、無実の人々がトラウマに対処し、ガザ地区を再建するのを何度も何度も支援せざるを得ませんでした。

イスラエル軍の空爆によってガザ地区の民間人が殺され、住宅・学校・水道施設が損害を受け、時に破壊される一方で、ガザ地区からイスラエルへのロケット攻撃は続いています。この状況を受け、私たちは再度、停戦を求めます。

しかし私たちは、たとえ停戦が実現しても、現状維持に再び戻ることを認めることはできません。なぜなら、敵対状態の中に置かれた人々が暴力から保護され、自らの人権とニーズが尊重され、実現されるようになるためには、構造的な変化が必要だからです。

この構造的変化によって、双方の安全が保障されるとともに、パレスチナ人の主権および国際人道法と国際人権法が尊重されるようにならなければなりません。

人道、開発、宗教、人権などを活動の理念とする私たち国際NGOは、国際社会に対し、構造的な変化をもたらすプロセスを直ちに開始するために、当該地域の全ての人々にとって公正な平和作りに貢献する継続可能な解決に紛争当事者が合意するように、当事者に対する効果的な働きかけを増やすとともに、ガザ地区の封鎖を停止し、国際人道法・人権法に違反する行為に対する説明責任を体系的に明らかにし、それを確保することを求めます。

署名団体一覧(34団体)

(注1)署名団体はいずれも、国際NGOの連合体であるAIDA(Association of International Development Agencies)の加盟団体です。AIDAには、被占領パレスチナで支援活動を行う70団体以上が加盟しています。

  1. Action Against Hunger (ACF)
  2. ActionAid
  3. American Friends Service Committee (AFSC)
  4. CARE
  5. Catholic Relief Services (CRS)
  6. CESVI
  7. DanChurchAid (DCA)
  8. Diakonia
  9. Global Communities
  10. Gruppo di Volontariato Civile (GVC)
  11. Help Age International
  12. Heinrich-Böll-Foundation
  13. HEKS
  14. International Learning Centers (ILC)
  15. Japan International Volunteer Center (JVC)
  16. Medical Aid For Palestinians - MAP UK
  17. medico international
  18. Mennonite Central Committee (MCC)
  19. Norwegian Church Aid (NCA)
  20. Norwegian People's Aid (NPA)
  21. Norwegian Refugee Council (NRC)
  22. Oxfam
  23. Polish Humanitarian Action (PAH)
  24. Premiere Urgence Aide Medicale Internationale (PU-AMI)
  25. Save the Children
  26. Solidaridad Internacional- Alianza por la Solidaridad ( SI- APS)
  27. Terres des Hommes Italy (TdH Italia)
  28. Terres des Hommes Lausanne
  29. The Carter Center
  30. The Lutheran World Federation
  31. The Swedish Organization for Individual Relief (SOIR)
  32. Volontariato Internazionale per lo Sviluppo (VIS)
  33. War Child
  34. World Vision Jerusalem - West Bank- Gaza

声明 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2016年11月29日 更新南スーダンにおける自衛隊への新任務付与を見合わせ、武力によらない平和貢献を求める
2016年8月29日 更新3カ国市民社会によるプロサバンナ事業に関する共同抗議声明・公開質問 ~政府文書の公開を受けて~
2016年6月 9日 更新G7伊勢志摩サミット2016に向けたアフリカにおける食料安全保障及び栄養のためのニューアライアンスに関する声明
2016年3月29日 更新WWFモザンビークとプロサバンナ事業のパートナーシップに対する非難声明
2016年3月29日 更新プロサバンナ事業「市民社会関与プロジェクト」対する抗議声明
~抜本的な見直しに向けた要請~
2015年8月 7日 更新KOREAこどもキャンペーン
戦後70年に寄せる市民からの声明
「今こそ歴史を真摯に受けとめ、市民同士がつながり、東北アジアの平和をつくっていきましょう」
2015年6月10日 更新3カ国市民社会緊急共同声明 「プロサバンナ事業のマスタープランに関する公聴会」 の無効化呼びかけ
2015年5月22日 更新「プロサバンナ事業のマスタープランの公聴会」の即時停止と無効化の要求
2015年5月22日 更新プロサバンナ事業のマスタープラン・ドラフトゼロの公聴プロセスに関する公式声明
2015年4月21日 更新プロサバンナ事業でのマスタープラン初稿の開示と対話プロセスに関する抗議と要請
2014年10月14日 更新JVC、ガザ復興支援で守るべき原則を確認する共同声明に署名
2014年7月15日 更新JVC他33団体、即時停戦と恒久的な解決を求める共同声明を発表
2014年5月 9日 更新ODA大綱4原則における「非軍事主義」理念の堅持を求める市民声明
2014年5月 9日 更新ODA大綱見直しに関するNGO共同声明
2014年1月17日 更新日本・ブラジル・モザンビーク政府の大規模農業開発事業「ProSAVANA-JBM」に関する緊急声明〜事業の早急なる中断と抜本的な見直しの要請〜
2013年12月19日 更新JVC他35団体、イスラエルによる違法な破壊行為の即時停止を求める声明を発表
2013年9月17日 更新AIDA、イスラエルの空港での人道支援団体職員の入国拒否に反対する声明を発表
2013年6月28日 更新「TPP交渉 に関する市民への説明会開催並びにパブリックコメント実施の要請」を首相宛に提出しました
2012年12月28日 更新外務省「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」に対する緊急声明
-情報開示と政府による検証を求める
2012年11月21日 更新JVC他38団体、ガザ・イスラエル情勢の悪化による人道的危機の発生を懸念する声明を発表

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net