アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 声明/提言書など >
  • 国連・AIDA共同声明:「ガザの封鎖はガザの人々の健康を危機状態に晒し、医療サービス制度の機能を低下させている」
声明

国連・AIDA共同声明:「ガザの封鎖はガザの人々の健康を危機状態に晒し、医療サービス制度の機能を低下させている」

2010年1月22日 更新

国連と国際NGOの共同体AIDAは、6月のガザの封鎖解除に向けての声明、7月のガザの教育システムに関する声明、9月の水・衛生に関する声明、11月の冬を前に封鎖の解除を要求する声明を発表してきましたが、続く封鎖が人々の健康に与える影響を懸念し、あらためて封鎖の解除を要求する声明を1月20日に発表し、JVCも署名しました。

ガザで子どもの栄養改善事業を続け、また緊急対応として医療支援を行ってきたJVCとしても、ガザの封鎖が人々の健康に長期的に与える影響を強く懸念しています。現場での支援活動を続けながら、封鎖の解除に向けて声を上げ続けます。


(以下和訳)

国連人道問題調整官、AIDA(国際開発機関協会):
「ガザの封鎖はガザの人々の健康を危機状態に晒し、医療サービス制度の機能を低下させている」

2010年1月20日

今日イスラエルのガザに対する軍事攻撃から1年を迎えるにあたって、国連機関と80以上のNGOを代表するAIDAは、ガザの封鎖がガザの人々の健康と医療サービスに与える影響を取り上げ、ガザの検問所の即時解放を要求する。

被占領パレスチナ地域国連人道問題調整官Max Gaylard氏は2010年1月20日(水)、「ガザの継続的封鎖は、医療サービス制度の機能を低下させ、140万人のガザの人々の健康を危機状態に晒している。(封鎖は)健康に関する社会、経済、環境的な主要因の低下を継続して引き起こしている。また、医療用品の提供や医療従事者の養成を妨げ、深刻な病状の患者が適時かつ専門的な治療をガザの外で受けることを阻んでいる。

ガザの経済は事実上崩壊状態にあり、長期にわたって人々の身体的・精神的健康に悪影響を与える失業と貧困の増加を伴っている。長期にわたり健康に影響を与える、水質、下水、廃棄物処理やその他の環境危機を引き起こす要因(軍需品や医療廃棄物も含む)も含めて、環境もまた悪化している。

ガザには80万人以上の子どもが住んでいる。人道コミュニティは、健康へのニーズが満たされていないこの世代の将来について重大な懸念を有している。ここ数十年確実に起こっていた乳児死亡の減少傾向は、この数年は行き詰っている。

封鎖により生じている建設資材の不足は、基本的な医療施設に影響を及ぼしている:ガザの主要病院であるシファ病院の新しい外科病棟は、2006年以来完成してないままである。建設資材のガザ搬入が許されないために、「Cast Lead」作戦で被害を受けた病院や応急処置施設は再建がなされていない。「Cast Lead」作戦はガザの27のうち15の病院に被害を与え、110のうち43の応急処置施設もまた、被害を受けたかまたは破壊された。

医薬品や使い捨て医療品は、現場では頻繁に不足状態が起こっているが、一般的にはガザへの供給を許されている。しかし、X線撮影装置や電気装置などの医療機器は、搬入が非常に困難である。病院のスタッフは頻繁に、彼らが必要とする医療器具の不足に直面している。医療器具が壊れたり、予備部品がない、または期限切れであることも頻繁に発生している。

ガザの医療従事者は、ガザの外の世界から孤立させられた状態が続いている。2000年以降、医療技術を最新ものにしたり新しい医療技術を習得する研修のためにガザを出ることができた医師、看護師や技術者はほとんどいない。これは、彼らが質の高い医療サービスを提供する能力を大幅に弱めている。

多くの専門的な治療、例えば複雑な心臓手術や特定の種類の癌の手術は、ガザでは施行が不可能であり、従って患者は治療のためにガザの外の病院へ移送される。しかし多くの患者はガザから出る許可の申請をイスラエル当局により却下または遅延させられており、(治療等の)予定に間に合わなかった。移送を待っている間に亡くなった人もいる。

WHO(世界保健機構)のヨルダン川西岸・ガザ事務所代表Tony Laurance氏は、「効率的な医療サービス制度は、国際社会から孤立している状態では維持できない。境界線の開放は、140万人のガザの人々の健康を守るために必要である」と述べた。

人道コミュニティは、保健セクターが昨年の「Cast Lead」作戦の規模の非常事態への対応を迫られた場合、深刻な問題に直面すると確信している。イスラエル政府は、ガザの人々の健康の権利を保障する法的責任を有している。ガザの検問所が再び開放されることを要求する。

(ガザの医療・保健に関する参考資料:英文)
http://www.ochaopt.org/documents/ochaopt_who_gaza_health_fact_sheet_20100120_english.pdf


(以下英文)

UN Humanitarian Coordinator and Association of International Development Agencies (AIDA): "The closure of the Gaza Strip puts at risk the health of people in Gaza and undermines the functioning of the health care system."

Today, one year after Israel's military offensive on Gaza, UN Agencies and the Association for International Development Agencies (AIDA), representing over 80 NGOs, are highlighting the impact of the blockade on Gaza on the health of Gaza's population and on health services - and are calling for an immediate opening of Gaza's crossings.

Max Gaylard, the Resident Humanitarian Coordinator for the oPt, said on Wednesday 20th January 2010 "The continuing closure of the Gaza Strip is undermining the functioning of the health care system and putting at risk the health of 1.4 million people in Gaza. It is causing on-going deterioration in the social, economic and environmental determinants of health. It is hampering the provision of medical supplies and the training of health staff and it is preventing patients with serious medical conditions getting timely specialised treatment outside Gaza".

The economy of Gaza is in virtual collapse with rising unemployment and poverty which will have long term adverse effects on the physical and mental health of the population. The environment is also in decline including water quality, sewage and waste disposal and other environmental hazards (including munitions and medical waste) which may lead to long term effects on health.

More than 750,000 children live in Gaza. The humanitarian community is gravely concerned about the future of this generation whose health needs are not being met. The decline in infant mortality, which has occurred steadily over recent decades, has stalled in the last few years.

The lack of building materials as a result of the blockade is affecting essential health facilities: the new surgical wing in Gaza's main Shifa hospital has remained unfinished since 2006. Hospitals and primary care facilities, damaged during operation 'Cast Lead', have not been rebuilt because construction materials are not allowed into Gaza. Operation 'Cast Lead' damaged 15 of Gaza's 27 hospitals and 43 of its 110 primary health care facilities were either damaged or destroyed.

Supplies of drugs and disposables have generally been allowed into Gaza - though there are often shortages on the ground. However, certain types of medical equipment, such as x-ray equipment and electronic devices are very difficult to bring in. Clinical staff frequently lack the medical equipment they need. Medical devices are often broken, missing spare parts or out of date.

Health professionals in Gaza have been cut off from the outside world. Since 2000, very few doctors, nurses or technicians have been able to leave the Strip for training necessary to update their clinical skills or to learn about new medical technology. This is severely undermining their ability to provide quality health care.

Many specialised treatments, for example complex heart surgery and certain types of cancer, are not available in Gaza and patients are therefore referred for treatment to hospitals outside Gaza. But many patients have had the applications for exit permits denied or delayed by the Israeli Authorities and have missed their appointments. Some have died while waiting for referral.

Tony Laurance, the Head of Office for WHO West Bank and Gaza, said that "An effective health care system cannot be sustained in isolation from the international community. Open borders are needed to ensure the health of the1.4 million people in Gaza".

The humanitarian community believes the health sector would face serious problems in dealing with another emergency on the scale of last year's Operation Cast Lead. The Government of Israel has a legal duty to guarantee the right to health for people in Gaza. The humanitarian community calls for the crossings into Gaza to be reopened.

Media Contacts:
Chiara Stefanini- Advocacy and Human Rights Officer, WHO
Cell: 972 (0)54 717 9024 Email: cst@who-health.org
Richard Miron-Chief Public Information Officer, UNSCO
Mobile: +972 (0)54 562 7825 Email: mironr@un.org

声明 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2018年2月 1日 更新ACBAR声明:「ACBARはジャララバードにおけるNGOへの攻撃を強く非難する」
2017年12月19日 更新モザンビーク住民によるJICA への異議申立の不当な審査手法・結果(プロサバンナ・マスタープラン策定支援事業ProSAVANA-PD)
2017年12月16日 更新AIDA声明「米国のエルサレムに関する発表に深刻な懸念を表明する」
2017年6月 5日 更新【共同声明】市民社会を抑圧する「共謀罪」法案に反対
2016年11月29日 更新南スーダンにおける自衛隊への新任務付与を見合わせ、武力によらない平和貢献を求める
2016年8月29日 更新3カ国市民社会によるプロサバンナ事業に関する共同抗議声明・公開質問 ~政府文書の公開を受けて~
2016年6月 9日 更新G7伊勢志摩サミット2016に向けたアフリカにおける食料安全保障及び栄養のためのニューアライアンスに関する声明
2016年3月29日 更新WWFモザンビークとプロサバンナ事業のパートナーシップに対する非難声明
2016年3月29日 更新プロサバンナ事業「市民社会関与プロジェクト」対する抗議声明
~抜本的な見直しに向けた要請~
2015年8月 7日 更新KOREAこどもキャンペーン
戦後70年に寄せる市民からの声明
「今こそ歴史を真摯に受けとめ、市民同士がつながり、東北アジアの平和をつくっていきましょう」
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net