アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
スタッフのひとりごと

JVC女子の節電対策

コリア事業・会員担当 寺西 澄子
2013年10月15日 更新
hitorigotoイラスト/かじの倫子

総会が終わったとたん、東京に暑さがやってきた。かなりの早足、しかも世の中いずこも節電体制である。会員の方から、「JVCの節電モード、大丈夫ですか?くれぐれもご自愛を」「ムームーのようなものを着て熱中症対策を」といったメッセージが次々寄せられる。心配してくださるなんて...と胸が熱くなる一方 で、すでに工夫を凝らしておりますよ、と苦笑も禁じえない。

M嬢は、机の下に怪しいブランド模様の入ったビーチサンダルを完備。帰宅時にそのままはいてきて、「しまった!でもコレ、ヴィ○ンですからネ」と平然としたもの。「マッチ売りの少女」たちも登場。頭頂部を冷やすと効果的とかで、保冷剤を頭や首に巻きつけているのだ。しかもその写真を撮って、「冬にこのなさけない姿を見て、暑さを思い出しながら寒さに耐えようね!」と励ましあっている。

エアコンをまったく使わないわけではない。今年の新発明は、「冷房エリア」をつくること。一極集中型にして、冷房効率を上げようというわけだ。しかし安らぎ空間のはずが、PCを持ち込んで籠城する者も出始めて、むしろむさ苦しい。

とはいえ、夏なりの楽しみもある。月並みだがビールは相当おいしいらしい。先般も、一時帰国したスタッフを囲んで壮絶な女子会が開催された。元スタッフも含めて「女子」9名が参加。虫を食する話、被災地や海外活動地のトイレ事情云々を肴に、生ビールに始まりワインが十数本空いていた。

奔放ぶりに眉をひそめる方もおられよう。が、「背広にネクタイで無闇に冷房」から節電へと聞くと、時代がJVCに追いついてきたな、と少々誇らしいような錯覚を起こすこのごろである。

No.290 生き残った私たち (2011年8月20日発行) に掲載】

スタッフのひとりごと の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2017年1月30日 更新思わず「手」が出る
2016年12月12日 更新猫じゃありません、家族です
2016年12月 1日 更新高尚だけが人生か?
2016年2月 9日 更新癒やしのメダカ
2015年11月12日 更新がんばり屋さんのトランペット
2015年11月12日 更新甘い想い?
2015年11月12日 更新譲りの道を今日も行く
2014年11月13日 更新歩くことが好きです。 大した目的もなくひたすら歩きます。
2014年9月11日 更新涙の論文提出日
2014年8月 8日 更新日本人は「外国人」?

Facebook コメント

※後日、掲載年月別一覧を用意します。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net