アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

家族といっしょに野菜を食べたい!

JVC南アフリカプロジェクト・コーディネーター ドゥドゥジレ・ンカビンデ
2013年10月29日 更新
家族と一緒に野菜が食べたい!イラスト/かじの 倫子

JVC南アフリカで働いてかれこれ11年。今年で39歳、来年はいよいよ40歳になります。つまり人生の新たなステージを迎えるのです。

そんなタイミングを前に、今年の目標を「健康的な生活を送ること」にしました(前号参照)。でも、これがなかなか難しいのが現実です。なぜなら、私にはかれこれ二年間一緒に暮らすボーイフレンドがいますが、彼と彼の14歳になる息子は野菜が嫌いなのです。多くの南アフリカ人はパップ(白トウモロコシを乾燥させて粉にしたものをお湯で練る)と言われる主食をサワーミルクあるいは肉と組み合わせて毎日繰り返し食べています。一方、私は日本人と一緒に働くことで、またJVCの家庭菜園研修の活動を通じて栄養価に富んだ健康的な食事というものを学び、これが自分の体にも合うことを実感してきました。

でも、家でいくらがんばってそうした料理を作っても家族は食べてくれないのです。そのうち自分一人のために料理する気も失せて、かといってパップと肉を毎日食べる気にもならず...最近はパンとお茶だけですませてしまうこともあります。ちなみに私のボーイフレンドは南アの黒人男性にしてはめずらしく料理が得意で、自分でパップや肉料理を作れてしまうことも逆に災いしています(男性が家事をするのはいいことなんですけど)。

日曜日には奮発してバラエティに富んだ食事を作るのですが、食べるかどうかは結局彼ら次第で、いつも悔しい思いをしています。家族の食事で同じような悩みを抱えている方、どうか私にいいアドバイスをいただけませんか?

No.281 「あるもの」を活かす暮らし (2010年6月20日発行) に掲載】

スタッフのひとりごと の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2017年1月30日 更新思わず「手」が出る
2016年12月12日 更新猫じゃありません、家族です
2016年12月 1日 更新高尚だけが人生か?
2016年2月 9日 更新癒やしのメダカ
2015年11月12日 更新がんばり屋さんのトランペット
2015年11月12日 更新甘い想い?
2015年11月12日 更新譲りの道を今日も行く
2014年11月13日 更新歩くことが好きです。 大した目的もなくひたすら歩きます。
2014年9月11日 更新涙の論文提出日
2014年8月 8日 更新日本人は「外国人」?

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net