アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2008年に発行した号の一覧

特集 森は生命のみなもとだから
93年から実施してきたラオス・カムアン県での森林保全と生活改善の活動が終了した。どこの国にあっても、豊かな森はそこに住む人々の生命と文化を育くむ貴重な存在である。森と人との距離が近いラオスにあってはなおさらだ。しかし、紙や木材を大量に消費する(日本を含む)諸外国の暮らしと経済はラオスの森を資源調達元と位置づけて、ラオスの人々から森を奪ってきた。JVC のこれまでの活動を振り返るとともに、現在のラオスでどのようなことが起こっているのかを報告する。(編集部)

【発行年月日: 2008年12月20日】

特集 銃を「持つ」人と「持たない」人の境界
「対テロ戦争」の最前線のひとつとされているアフガニスタン。アメリカ政府や NATOは今も軍備増強で事態の収拾をはかろうとしているが、先行きは不透明との見方が強い。治安も悪化し、社会インフラも大きく後退してしまったアフガニスタン国内においては、数年前から治安維持と平行して「軍隊による人道支援活動」が実施されている。もちろん人道支援のニーズは存在するのだが、「銃を携える人道主義」の実態とはいかなるものなのか。JVCの活動とともに、現地の米軍に従軍したジャーナリストの声を交えて報告する。(編集部)

【発行年月日: 2008年10月20日】

特集 ここで暮らそう、自分たちの力で。
カンボジアSARD プロジェクトが残したもの
1994年に開始したSARD(持続的農業と農村開発:Sustainable Agriculture and Rural Development)プロジェクトは、2008年3月の最終評価をもって終了した。地域の自然と共生、自給自足的な農業の確立を目指して行なってきたSARDプロジェクトは、復興期にあったカンボジアの農村で一定の成果を残したと同時に、急速に変化するカンボジア社会の中で課題もあった。昨今は「参加型開発」など開発のあり方に対する議論が活発であるが、その先駆的な活動としてのSARDプロジェクトを振り返ることで、農村での支援活動のあり方、外部者としてのJVC の地域への関わり方について考えてみたい。(編集部)

【発行年月日: 2008年8月20日】

特集 洞爺湖は持続的世界の夢を見るか?
 7月上旬、北海道洞爺湖に先進8ヵ国の首脳が集まる。G8サミットだ。世界からNGO や社会運動グループも集まり、提言や抗議活動を繰り広げる。良くも悪くも、いま目の前にある"世界"をコントロールする、あるいはしようとしているこの集まりをNGO/市民としてどうとらえ、どう向き合うか、日本のNGO の取り組みを紹介すると共に、いま世界を覆う緊急課題である平和、そして食糧危機と農業の崩れについて、JVC の現場から報告してもらった。(編集部)

【発行年月日: 2008年6月27日】

特集 人のつながりが、未来をつくる~ベトナムの山村で生きるために~
 JVC がベトナムで進めてきた農村での活動が、今年度末で終了を迎える。ただ農村で汗を流すだけでなく、日本を始めとする諸外国との地域を越えた経験交流も積極的に進めてきたこの活動から、私たちは何を学ぶことができるのか。経済成長著しいベトナムという国において、農村で外国のNGOが活動する意味も含めて、見えてきたもの、そして今後に向けての報告を、現地に長く駐在するスタッフからお届けする。(編集部)

【発行年月日: 2008年4月20日】

特集 HIV/エイズと生きる 南アフリカでの挑戦
アパルトヘイトを克服し、アフリカのなかでも強い経済力を持つとされている南アフリカ共和国。しかし、光り輝く側面が強ければ強いほど、それによってつくられる闇は暗く深いものになる。JVC が2005 年から支援しているリンポポ州でのHIV/ エイズの活動は、途中、現地協力団体の会計不正問題に端を発する活動地の変更などを乗り越え(本誌no.259参照)、開始から2 年半が経過した。現地からの活動報告と、国際社会のHIV/ エイズへの取り組みの重要性、そして現地代表の津山の一時帰国の様子をお届けする。(編集部)

【発行年月日: 2008年2月20日】

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net