logscript
 
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[10ヵ国での活動へ]
[パレスチナでの活動へ]
[子どもの栄養改善支援へ]
[子どもたちの文化・教育支援へ]
[トラウマ(心的外傷)を持つ子どもたちの言語・音楽療法の支援へ]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[ベトナムでの活動へ] [タイでの活動へ]
[南アフリカでの活動へ] [アフガニスタンでの活動へ]
[イラクでの活動へ] [北朝鮮での活動へ]
[スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[入会・募金へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[パブリシティ活動へ]
[25周年記念出版「NGOの選択」へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
[JVC会員専用ページへ]
[JVC国際協力カレンダーへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC国際協力コンサートへ]
ガザ地区ラファへの人道支援を開始! 
2005年10月6日 更新
 

パレスチナ事業担当: 田村祐子
■ラファ、ブラジル地区:破壊された家屋

パレスチナ自治区であるガザ南部のラファ地区では、イスラエル軍による激しい軍事攻撃と家屋破壊が行われています。この5月以降、激しい家屋破壊によってすでに1,064人もの人々が住む家を失いました。17日からはラファ一帯がイスラエル軍によって封鎖され、戦車、ブルドーザー、武装ヘリコプターなどによる攻撃が行われており、家屋だけでなく、医療施設、水道や電気などのインフラ設備なども破壊されています。これは、2002年に西岸地区ジェニンなどで行われた「防御の盾」作戦以来、最大の軍事攻撃といわれています。この中で、約40人ものパレスチナ人が亡くなり、何百人もの人びとが負傷しています。

この事態を受け、JVCはラファの家族への緊急人道支援を行うことを決めました。支援は5月23日に開始する予定です。具体的な内容は以下の通りです。

1■ラファ地区の子どもたちへのミルク配給

他の国際NGOとともに、緊急的な食糧支援をおこないます。JVCは、このうち子どものための牛乳を支援します。

  • 約1500人の子どもを対象に、一週間分のミルクを支援します。


2■ラファ地区の貧困家庭の子どもたちへの食糧支援

現地のNGOと協力し、ラファ地区の中でも、栄養失調が深刻な子どもを抱える特に貧しい家庭に対し食糧を支援します。

  • 約100人の深刻な栄養失調児に対し、1ヶ月分の栄養食を支援します。
  • 深刻な栄養失調を抱える約140の貧困家庭(約900人)に対し、3週間分の米、豆、油等と共に、ミルク、調理済みの食糧、新鮮な野菜・肉などを支援します。

JVCのこうした支援活動は、皆様のご支援に支えられています。募金へのご協力をお願いいたします。

■郵便振込

口座番号:00190-9-27495
加入者名:JVC東京事務所
通信欄に「パレスチナ(ラファ支援)」とご記入ください。

■お問合せ

田村祐子(日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業)
TEL 03-3834-2388 FAX 03-3835-0519 E-mail: saudade@jca.apc.org

ラファ緊急支援最終報告

 この支援に関する最終報告書が届きました


JVCでは、2005年9月末に「認定NPO法人」格を取得しました。05年10月以降の寄付に関しては、皆様が確定申告で寄付金を所得控除できるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。

 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ