アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • お知らせ・募集 >
  • 『非戦・対話・NGO 国境を超え、世代を受け継ぐ私たちの歩み』発刊のお知らせ
「非戦」を共有するために

『非戦・対話・NGO 国境を超え、世代を受け継ぐ私たちの歩み』発刊のお知らせ

2017年12月21日 更新
20171221-ngo.jpg『非戦・対話・NGO 国境を超え、世代を受け継ぐ私たちの歩み』 新評論、定価2600円+税、ISBN:978-4-7948-1081-6

JVC代表理事谷山博史、理事金敬黙が編著で参加した書籍『非戦・対話・NGO 国境を超え、世代を受け継ぐ私たちの歩み』が発行されました。

集団的自衛権、共謀罪法、武器輸出三原則の撤廃や他国軍に対しての支援を可能とするODA大綱の改訂など、日本は戦争ができる国に変わりつつあります。国際的にも、終わりの見えない「対テロ戦争」や、紛争により住む土地を追われた難民・国内避難民の数が過去最多の6560万人に達する1など、暴力と対立が激しさを増しています。

そんな厳しい状況のなかで、平和憲法を持つ国のNGO として、武力によらない平和を信条として生き、活動してきたNGOの活動者12名がこの本に参加しています。活動分野は人道支援、平和構築、開発教育、フェアートレード、原発問題、反核、沖縄基地問題、TPP、アイヌと様々ですが、そこには異なる分野の活動に通低する非戦の思想と実践のスタンスが流れています。

著者たちの〈非戦の意思〉は、それぞれの人生経験、出会いによって培われたものです。本書では、各執筆者それぞれが「自分史」を物語るところから始められています。そして、一市民として、日々何を感じ、何を見つめようとしているのか、これから先何を為そうとしているかが率直に語られています。

スローガンの連呼を超えた、より深い「非戦」への意思を読者の方々と共有するためにこの本は編まれました。活動者たちの肉声にぜひ触れてください。

『非戦・対話・NGO 国境を超え、世代を受け継ぐ私たちの歩み』
新評論、定価2600円+税、ISBN:978-4-7948-1081-6
全国の書店、Amazonなどでお求めください。
筆者一覧
大橋正明:シャプラニール=市民による海外協力の会元代表理事
谷山博史:日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事
宇井志緒利:アジア保健研修所(AHI)元スタッフ
金敬黙:日本国際ボランティアセンター(JVC)理事
中村絵乃:開発教育協会(DEAR)事務局長
野川未央:APLAスタッフ
内田聖子:アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表
木口由香:メコン・ウォッチ事務局長
小泉雅弘:さっぽろ自由学校「遊」事務局長
田村雅文:サダーカ代表
満田夏花:Foe Japan理事
渡辺明子:ANT-Hiroshima理事長

*巻末にはNGO非戦ネットが発信してきた声明が付録としてまとめられています。

NGO非戦ネット ウェブサイト

※1UNHCR /Global Trends 2016

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net