アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • お知らせ・募集 >
  • JVC代表理事の谷山博史編著の『「積極的平和主義」は、紛争地になにをもたらすか?!』が刊行されました

JVC代表理事の谷山博史編著の『「積極的平和主義」は、紛争地になにをもたらすか?!』が刊行されました

2015年8月 7日 更新

昨今の安全保障関連法案の議論においては、紛争地で活動する国際協力NGOがたびたび引き合いに出されました。紛争地で人道支援活動に取り組むNGOは、現地の人びととの信頼を築くことで安全確保につとめてきました。日本が武力で積極的に「平和」を守ることになったら、紛争地での活動はどうなるのでしょうか。過去の事例をひもときながら、私たちNGOの目指したい「積極的平和主義」を考えるための本を出版しました。ぜひご一読ください。

ご注文フォーム

送料は実費をいただきます(約300~400円)。また、メール(info@ngo-jvc.net)、電話03-3834-2388、FAX03-3835-0519でもご注文をお受けしております。代金のお支払いは、商品に同封する振込用紙をご利用ください。

書籍情報

タイトル「積極的平和主義」は、紛争地になにをもたらすか?!
-NGOからの警鐘-
編者/著者谷山博史(編著)JVC代表理事
内容紛争地で人道支援活動に取り組むNGOは、現地の人びとの信頼を築くことで安全確保につとめてきました。日本が武力で積極的に「平和」を守ることになったら、紛争地での活動はどうなるのか。過去の事例をひもときながら、私たちNGOの目指したい「積極的平和主義」を考えます。
目次 第1章 ◎利用される「積極的平和主義」
第2章 ◎NGOが経験してきた紛争現場の現実
第3章 ◎紛争現場の現実を無視した自衛隊派遣の危険性
第4章 ◎作られる戦争と人道支援
第5章 ◎日本にはどこの国にも果たせない役割がある
解題 ◎21世紀の平和のリアリズム -真の「積極的平和主義」へ-
執筆者
(50音順)
磯田 厚子(JVC副代表理事)
今井 高樹(JVCスーダン代表)
金 敬黙(JVC理事/中京大学教員)
熊岡 路矢(JVC顧問/元JVC代表理事)
佐藤 真紀(JIM-Net事務局長/元JVCイラク事業担当)
高橋 清貴(JVC政策提言担当)
谷山 博史(JVC代表理事)
長谷部 貴俊(JVC事務局長)
解題:佐々木 寛(新潟国際情報大学教授、日本平和学会会長)
出版合同出版
定価1,620円(税込)
サイズ/
ページ数
A6判並製、160ページ
ISBN978-4-7726-1244-9

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net