[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[10ヵ国での活動へ]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[ベトナムでの活動へ] [タイでの活動へ]
[南アフリカでの活動へ] [アフガニスタンでの活動へ]
[イラクでの活動へ] [パレスチナでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVC国際協力コンサート2009 合唱団員募集]
[25周年記念出版「NGOの選択」へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[JVCアフリカキャンペーン2008]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
AIDA声明 
国際NGOはガザにおける即時公式停戦を求める 
2008年3月13日 更新
 

AIDA(Association of International Development Agencies)は、ガザにおける一般市民を巻き込んだ暴力と破壊行動の激化に対して、国際人道法の遵守、人道状況悪化に対し民間人の保護、既存の合意に基づくアクセスの保障を全ての紛争当事者間の即時公式停戦へ向けての取り組み訴えること等を目的に以下の声明文を出しました。AIDAは、パレスチナ自治区で活動する国際NGOの協議体です。JVCはAIDAの加盟団体であり、この声明に署名しました。


(以下和訳)

AIDA声明
国際NGOはガザにおける
即時公式停戦を求める

私たち、下に署名した国際開発組織共同体(AIDA)メンバーNGOは、ガザにおける一般市民を巻き込んだ暴力と破壊行動の激化に対し危機感を募らせており、カルテットメンバー(米国、欧州連合、ロシア、国際連合)とアラブ連盟による、全ての紛争当事者間の即時公式停戦へ向けての取り組みを歓迎する。エルサレムで3人の子供を含む8人が犠牲になる攻撃のあとでこの要求はさらに性急である。

2月27日から3月2日の間の、イスラエルによるガザへの軍事行動は、107人以上のパレスチナ人の死者をだし、少なくともその半分は一般市民、27人以上の子どもを含むものであった。さらにそれ以上のパレスチナ人一般市民が負傷、多くが重傷を負い、死者数は確実に増えている。パレスチナ武装勢力によるイスラエルへのロケット発射は、一般市民1人の死者をだしている。

私たちは、パレスチナ人武装勢力による攻撃およびイスラエルによる軍事行動の両方を含む、一般市民を狙った全ての攻撃を非難する。私たちは、全ての紛争当事者に、国際人道法下において一般市民と公的施設を保護する義務と責任があることを確認する。

今回の軍事行動は、イスラエルによるガザの封鎖の影響を深刻化させ、既に脆弱な人々を瀬戸際に追いやっている。公共保健施設や水道及び衛生施設を含む基幹のインフラ設備は、まさに崩壊に直面している。

子供の比率が56%を占めるガザの人々が置かれている進行中の貧困化と孤立化の状況に追い討ちをかける今回の暴力と破壊行動、及び人道支援者に対する更なる制限は、和平に必要な条件を確立するものではない。それは、私たちの活動と私たちのパートナーの活動をも危機に晒している。

従って、下に署名するAIDAメンバーは、カルテットとアラブ連盟に以下のことを強く求める。
¨ 国際人道法に定められた一般市民保護の責任を遵守し、即時停戦を仲介すること
¨ 人道的目的のためのガザ内外の移動とアクセスを確保すること
¨ イスラエルに対し、必要不可欠な人道支援の定義を拡大し以下のものを含むよう働きかけること:公共サービスインフラ設備の維持管理・修復、緊急医療ケアを必要とする患者の海外での治療を受けるためのアクセス、および18歳未満の子どもの患者に両親の同行を許可、そして即時正常な燃料および電力支給再開
¨ 全ての紛争当事者に対し、米国とヨーロッパ連合の仲介による「移動とアクセスに関する合意」に基づき、ガザの検問所の再開に向けて努力するよう強く求めること

Campaign for the Children of Palestine (CCP)
CISS - Cooperazione Internazionale Sud Sud
Gruppo di Volontariato Civile (GVC)
Italian Consortium of Solidarity (ICS)
Japan International Volunteer Center (JVC)
Lutheran World Federation
Medical Aid for Palestinians (MAP-UK)
medico international
Mennonite Central Committee
Norwegian Church Aid
Norwegian Refugee Council
Oxfam International
 Oxfam Great Britain
 Oxfam Novib
 Oxfam Quebec
Palestine Solidarity Association of Sweden
Save the Children-UK
Solidarite Socialiste Belgium
Swedish Organization for Individual Relief (SOIR)
Swedish Cooperative Center
Terre des hommes Italia
War Child Holland
World Vision Jerusalem


(以下原文)

<pdfファイルの閲覧はこちらをクリックしてください>

AIDA STATEMENT
International NGOs Call for Immediate, Formal Cease Fire in Gaza

The undersigned members of the Association of International Development Agencies (AIDA) are alarmed at the escalation of violence and destruction involving the civilian population in the Gaza Strip and we welcome efforts being made by the members of Quartet (the United States, the European Union, Russia and United Nations) and the Arab League to broker an immediate, formal cease fire from all parties. This call is even more urgently needed after the recent attack on students at the Jewish religious school in Jerusalem that claimed the lives of 8 students including 3 children.

Lasting from 27 February to 2 March, the Israeli military operation in Gaza resulted in the deaths of over 107 Palestinians, at least half of whom were civilians - including more than 27 children. Many more Palestinian civilians have been critically wounded, and the death toll is steadily rising. Palestinian armed groups have fired rockets into Israel, leading to the death of one civilian and the injury of 25.

We condemn all attacks that target civilians, including both attacks by Palestinian militants and Israeli military actions. We remind all parties that under international humanitarian law they are responsible and accountable for protecting civilian populations and infrastructure.

The latest military operation has exacerbated the impact of the Israeli blockade of Gaza, pushing an already vulnerable population to the brink. Key infrastructures, including public health facilities and the water and sanitation network, are now at a breaking point.

The latest violence and destruction coupled with the on-going impoverishment and isolation of Gaza's people, 56 percent of whom are children, and increased restrictions placed on humanitarian actors, does nothing to establish conditions necessary for peace. It also places our work and the work of our partners in jeopardy.

The undersigned members of AIDA therefore urge the Quartet and the Arab League to:

* Abide by their responsibility under international humanitarian law to protect civilians and to broker an immediate, formal cease fire.

* Assure humanitarian movement and access in and out of Gaza.

* Push Israel to widen its definition of what constitutes essential humanitarian assistance to include: items essential for the maintenance and rehabilitation of public service infrastructure; access for treatment abroad for patients requiring urgent medical care and allowing parents to accompany children under the age of 18; and the immediate resumption of normal fuel imports and electricity.

* Urge all parties to work toward the reopening of the Gaza crossings in accordance with the Agreement on Movement and Access (AMA) brokered by the US and EU in November 2005.

Campaign for the Children of Palestine (CCP)
CISS - Cooperazione Internazionale Sud Sud
Gruppo di Volontariato Civile (GVC)
Italian Consortium of Solidarity (ICS)
Japan International Volunteer Center (JVC)
Lutheran World Federation
Medical Aid for Palestinians (MAP-UK)
medico international
Mennonite Central Committee
Norwegian Church Aid
Norwegian Refugee Council
Oxfam International
 Oxfam Great Britain
 Oxfam Novib
 Oxfam Quebec
Palestine Solidarity Association of Sweden
Save the Children-UK
Solidarite Socialiste Belgium
Swedish Organization for Individual Relief (SOIR)
Swedish Cooperative Center
Terre des hommes Italia
War Child Holland
World Vision Jerusalem

 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ