アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • お知らせ・募集

お知らせ・募集

JVCからのお知らせや人材募集などを掲載します。
20181206-mozambique-02.jpg

突然のビザ発給拒否

調査研究・政策提言担当の渡辺は、2009年からモザンビークで行われようとしているJICAの大規模農業開発計画「プロサバンナ」に反対する現地の農民の声に耳を傾け、政府に届ける活動に取り組んできました。そんな中、2017年8月にモザンビークで行われた国際会議に参加するNGOメンバーとして外務省への登録もした上でモザンビークビザを申請したところ、理由を明確に説明されないままビザが発給されず入国できないという事態に見舞われました。

2017年中の日本人に対する査証発給件数約7000件のうちビザ発給を拒否されたのは渡辺の1件のみであり、しかもなにも理由の説明がない状態での拒否というのは異常なことです。

署名キャンペーンを展開

署名依頼チラシ

現地での聞き取り等の活動に支障がでるだけではなく、政府が進める政策に声をあげる人物を恣意的にブロックすることを受け入れてしまうことは現地農民への弾圧が強まることにもつながりかねず、見過ごせることではありません。渡辺が今後もモザンビークに入国し活動できるよう、ビザ発給のための最大限のサポートを日本政府に要請する署名キャンペーンを昨年から実施しています。

その後外務省との粘り強い交渉の結果、「ビザが取れるまでサポートする」との約束をとりつけたものの、2017年10月の二度目のビザ申請は「審査中」となったまま塩漬け状態・・。そこでこの年末、現地からの渡辺の渡航を求める声にも応え、再び渡航申請にトライします!12月5日に外務省にもその旨を伝え、サポートすると改めての回答をもらいました。

三度目の正直の今回、渡航が実現するように、、1人でも多くの皆さんに署名キャンペーンへに賛同していただけたらと思います。 ぜひ署名、そして署名キャンペーンの拡散にご協力ください!

キャンペーンに賛同!

【署名継続中!】国際NGOスタッフ・渡辺直子さんがモザンビークに入国できるようにしてください!

日本国際ボランティアセンター(JVC)は、広報/FRグループの一員として、「広報業務全般」もしくは「支援者管理業務」を担う職員1名を以下の要領で募集します。

JVC_fuyubokin_2018-06.jpg

いつもJVCへのあたたかなご支援、誠にありがとうございます。

現在、「2018年冬の募金キャンペーン」を実施中です。
アジア、アフリカ、中東、そして東北の震災被災地へ。あなたの気持ちを募金に託して届けませんか?

食料不足により栄養失調に陥るパレスチナの子どもたちや、ラオスの農村で衛生環境が整わずに命を落としてしまう赤ちゃんたち―。

あなたの支援が、彼らの未来を変える力になります。「冬の募金」を通して世界の人々が希望を持てるように、ぜひ応援してください。

クレジットカードで募金する

郵便局からのお振込み
口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所
寄付先の指定をご希望の場合は、その旨通信欄にご明記ください。(例:「アフガニスタン支援」など)

たとえばこんな活動を支えられます

活動例1
活動例2

現地からの声(パレスチナ)

ラナさん(24歳) マガジ難民キャンプ

私は17 歳で結婚し、今は乳児を含む4 人の子どもがいます。 JVC のプロジェクトでAEI(JVC のガザ事業でのパートナー団体)の スタッフのラナとボランティアのアビールが子どもの健康チェックのために家に来てくれたときに、 長男が貧血であることが分かりました。

そのままAEI の診療所に紹介してもらい、フォローアップを受けたことでヘモグロビン値も上昇し、 長男は健康になりました。

貧血が治った長男のアリ君と完全母乳育児で育った妹、妹のネスマちゃん

また、AEI にアドバイスをもらうまでは母乳育児の大切さがわからず、 すぐに人工的なミルクに切り替えていましたが、完全母乳育児の大切さを学んでからは、 母乳育児を継続しています。

紅茶を乳児にあげることも止めました。 さらにAEI の調理実習で栄養バランスについて学んだので、 買い物をする際は栄養のある野菜や果物を積極的に買っています。

AEI の活動はどれも楽しくてためになるので、すべての活動に参加しました。 すべての子どもに良い影響があります。


世界の人々に"笑顔"を届けるために。ぜひご協力ください。

クレジットカードで募金する

郵便局からのお振込み
口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所
寄付先の指定をご希望の場合は、その旨通信欄にご明記ください。(例:「アフガニスタン支援」など)

昨年の東京公演ロビーでの回収場所の様子。昨年の東京公演ロビーでの回収場所の様子。

JVC国際協力コンサート2018、30周年記念東京公演にて、今年も「お宝エイド物品回収」を開催いたします。

当日、JVCの支援方法のひとつ「お宝エイド」のデスクが設置され、「お宝回収」を行います。
もう使わない、アクセサリー、カメラ、めがねなど・・

お荷物にならない程度にお持ちいただけますと幸いです。

「お宝エイド」の詳細はこちらです。

JVCスタッフが執筆したコラムが、高等専門学校の教科書「技術者倫理」(実教出版株式会社)に掲載されました。

グローバル社会で活躍するエンジニアになるためには、企業活動のみではない国際社会への理解が必要とのコンセプトで、南アフリカ担当の渡辺が「南アフリカで感じた援助政策の課題」、アフガニスタン担当の加藤が「難民・国内避難民・帰還民」「イスラムとジェンダー」と題したコラムを寄稿しました。

今回コラムを寄稿した渡辺(左)と加藤(右)

日頃から多くの取材をいただき、大変ありがたいです。普段は新聞社からの取材などがメインのJVCですが、どのようなご依頼でも、現地での活動や人々の声を届けるため、できる限り対応していきたいと思っております。引き続きよろしくお願いいたします。

■取材、講演などのご依頼:広報担当仁茂田
(MAIL:info@ngo-jvc.net TEL:03-3834-2388)
スタッフ一覧
講演者と主なテーマ(ご相談に応じます)

■南アフリカでの活動、ご支援はこちらから

■アフガニスタンでの活動、ご支援はこちらから

皆様のご協力のおかげで、助成希望額の満額、100万円をご支援いただけることとなりました!ご協力、誠にありがとうございます!
いただいたご支援は、難民キャンプのストリートチルドレンたちが学校に通えるよう サポートする活動に大切につかわせていただきます。
プロジェクトの進捗などは、随時ホームページ・SNSなどでご報告をいたします。 引き続き、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

長年ご協力いただいている株式会社フェリシモ様の「地球村の基金」にて、今年も 応援投票が始まりました。(皆様の応援のお蔭で、昨年は1位を獲得できました! ありがとうございます!)

「フェリシモ地球村の基金」は、株式会社フェリシモ様が呼びかける毎月一口100円 の寄付により集まった基金で、「貧困からの自立」「自然災害からの救済」 「復興の応援」など、世界各地で進められている活動を応援しています。 今年は、JVC南スーダン事業も含めて6つのプロジェクトが選ばれました。

11/2~15までの2週間、一般投票を受け付けており、投票獲得数によって助成金額が 決まります。 投票方法は、ログイン等の手続きがいらない、1分ほどで終わる簡単なものです。 平和な未来をつくるための大切な一歩となるこの支援を、ぜひ投票で応援してください!

【応援投票ページ】https://questant.jp/q/8O25RJHC
*JVCのプロジェクトはNo.4です!

[活動概要]
隣国スーダン・南コルドファン州で2011年6月に大規模な紛争が勃発しました。 戦闘や空爆によって住む場所を追われた人々のうち約10万人は、国境を越え 南スーダンへと逃れました。国境に近いユニティ州のイーダ難民キャンプでは、そのうち約5万人が現在も避難生活を送っています。 キャンプ内の市場とその周辺には、学校に通わず、廃品回収やモノ売りなどの 児童労働を行いながら生活する「ストリートチルドレン」がいます。そうした子どもたちが市場での生活を離れて学校に通うために、JVCは学用品や給食支援、カウンセリングなどの支援を行っています。

投票期間

2018年11月2日(金)~2018年11月15日(木)

応援投票サイト/投票方法

【応援投票ページ】https://questant.jp/q/8O25RJHC

投票方法

下記の手順にしたがって、投票できます。

① 「回答する」ボタンをクリック、投票フォームページへ

② 下にスクロールして、「No.4」のプロジェクトをチェックして、次ページへ

③性別と年齢を選択して、「送信」ボタンをクリック

④ 投票完了です!ご協力ありがとうございます。

ぜひ応援してください!
【応援投票ページ】https://questant.jp/q/8O25RJHC

プロジェクトの詳細情報を見るにはこちらから
みんなでプロジェクトを応援! 「難民キャンプのストリートチルドレンが学校に通えるように!」(認定NPO法人日本国際ボランティアセンター)

「3カ国民衆会議」無事に終了いたしました。 関わってくださった方、ご関心を寄せてくださった方、すべての方に御礼申し上げます。
ご支援をお願いしていましたクラウドファンディングは、168人の方に1,427,000円のご支援をいただくことができました!
お一人お一人のご支援・ご協力のおかげで3ヵ国民衆会議を無事開催することができました。みなさま、本当にありがとうございました!

JVC理事の天明/地域開発グループマネージャーの渡辺が登壇します。

このページの内容

「3カ国民衆会議」開催趣旨

この度、モザンビークとブラジルから農民・市民社会メンバーが来日し、第4回「3カ国民衆会議」を開催いたします。来日するのは、2012年以来、日本政府がブラジル、モザンビーク政府と行うODA事業「プロサバンナ」の問題について、ともに声をあげてきた「仲間」たちです。

共に活動を始めてから6年、残念ながら現地の状況は好転していないどころか悪化しています。

世界に目を向けてみれば、もうけを重視する投資や企業によるグローバル・フードシステム、それを推進する各国政府や国際機関の政策、地球温暖化などによる異常気象・・これらの状況をうけて、いま、世界中の「食」とそれを支えてきた「家族による小さな農業(家族農業)」は深刻な危機に直面しています。
このことは日本に暮らす私たちとも無縁ではありません。 農家の苦境が、「食」の受け取り手でもある私たちの選択肢と決定権を失うことにつながっています。そしてそれだけではなく、私たちは知らないうちに農家の人々を苦しめる「加害者」側にまわってしまうこともあります。

たとえば、日本は、官民一体となって 、南米ブラジルで輸出向けの大豆や穀物の巨大農場づくりを推進し、小さな農家やコミュニティの土地を奪ってきました。またプロサバンナ事業下でも同様の試みを計画し、結果として、モザンビークでは大豆栽培を行う企業により多くの農家の土地が奪われてきました。

一方で、 グローバリゼーションの負の影響をもっとも深刻な形で受けた「南(途上国)」の先住民族や小さな農業を営む人びとは、それを乗り越えるための創意工夫を積み重ねてきました。「母なる地球」「食の主権(食料主権)」「たねへの権利」「アグロエコロジー」「小農の権利/主権」----これらのビジョンや実践は、国境を超えた人びとの連帯を通じて世界に広がり、多くの素晴らしい変化を生み出してきました。

そこで、第4回「3カ国民衆会議」では、課題について話をするだけではなく、モザンビークとブラジルから来日する仲間たちの活動から学ぶとともに、「食と農の未来」を描き、これらを乗り越えるための方策を話し合いたいと考えています。

ふるってご参加ください。

「3カ国民衆会議」とは

  • 3カ国民衆会議の目指すところについては「趣意書」をご参照ください。
  • また、「なぜ、モザンビーク、ブラジル、日本の3カ国なのか」の背景・経緯 についてはこちらをご覧ください。
  • 「3カ国民衆会議」は、農民、研究者、大学生、料理研究家、市民活動家、 NGO関係者など多くの市民が参加して開催します。 参加団体・個人は以下をご覧ください。
    呼び掛け人(41名、20団体)
    実行委員会(27名、8団体)

2014 年7月にモザンビークの首都マプトで開催された第二回三カ国民衆会議の様子。この年は三カ国の政府関係者、JICAなども参加した。全国から農民も集い、約200名が参加した。.JPG2014 年7月にモザンビークの首都マプトで開催された第二回三カ国民衆会議の様子。政府関係者、JICA、また全国から農民も集い、約200名が参加した。
2017年度に開催された第四回三カ国民衆会議。JVCの渡辺がモザンビーク政府から入局拒否にあい、参加できなかった(現在も未解決)。2017年度に開催された第四回三カ国民衆会議。JVCの渡辺がモザンビーク政府から入局拒否にあい、参加できなかった(現在も未解決)。

プログラム

3カ国民衆会議プログラム3カ国民衆会議2018プログラム

趣意書や実行委員会参加者個人・団体、スケジュール等をすべてご紹介したプログラムを作成いたしました。
ご参加の方もそうでない方も、ぜひご覧ください。右記サムネイル画像より閲覧、ダウンロードいただけます。

イベントスケジュール

一連の期間に、5つのイベント開催を予定しています。それぞれ内容が異なりますので、ぜひご関心のあうイベントにご参加ください。

プレイベント (11/2, 11/10)

イベント紹介

プレイベント

日時2018年11月2日(金) 18:30~21:00 (18:00開場)  
参加費
  • 一般1,000円
  • 学生500円
キーワード
  • 食と農
  • ODA
  • グローバルフードシステム
  • プロサバンナ
対象者
  • アフリカに関心のある人
  • 開発に興味がある人
会場案内文京シビックセンター 5階 会議室C 住所:東京都文京区春日1-16-21
イベント詳細こちらから
日時2018年11月10日(土) 16:00~18:00 (15:30開場)  
参加費
  • 学生無料
  • 一般500円
キーワード
  • 植民地
  • 解放闘争
  • プロサバンナ
  • 人権
対象者
  • アフリカに関心のある人
  • 写真に興味がある人
会場案内日本国際ボランティアセンター(JVC) 東京事務所
住所:〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6階
イベント詳細こちらから

3カ国民衆会議 (11/20〜11/21)

日時2018年11月20日(火) 18:00~20:00  
参加費
  • 学生 無料
  • 一般1,000円
キーワード
  • ブラジル・セラード開発
  • 土地収奪
  • 大豆油
対象者
  • アフリカに関心のある人
  • 農業に関心がある人
  • ブラジルに関心がある人
  • 環境問題に関心がある人
会場案内聖心女子大学 4号館4-2教室
住所:渋谷区広尾4-2-24 聖心グローバルプラザ(4号館)
イベント詳細こちらから
日時2018年11月21日(火) 11:00~20:40
参加費
  • 第1部あるいは2部のみ:各回1000円
  • 第1部・2部通しでの参加:1500円
  • ※同伴のお子様、学生は無料
キーワード
  • アグロエコロジー
  • 種子
  • 食の主権
  • 開発、援助
  • グローバルフードシステム
対象者
  • アフリカに関心のある人
  • マルシェに興味がある人
  • ブラジルに関心がある人
  • 食と農の問題・未来に関心がある人
  • 種子に関心がある人
  • 農民による実践内容を聞いてみたい人
会場案内聖心女子大学4号館(元JICA地球ひろば) ブリットホール
住所:渋谷区広尾4-2-24 聖心グローバルプラザ(4号館)
イベント詳細こちらから
日時2018年11月22日 (木) 17:00~19:00
集合時間:16:30~16:45(会館ロビー)  
参加費
  • 資料代:1000円
キーワード
  • モザンビーク
  • プロサバンナ
  • ODA
  • 大豆
  • ナカラ回廊開発
  • 土地収奪
対象者
  • アフリカに関心のある人
  • 官民連携による援助の課題について学びたい人
  • プロサバンナ事業に関心がある人
会場案内参議院議員会館 B107 住所:東京都千代田区永田町2丁目1−1
イベント詳細こちらから

ファンドレイジングのお願いのお知らせ

この一連のイベント費用を集めるため、11月25日までクラウドファンディング実施中です。ご支援または情報の拡散にご協力お願いします。

日本と世界の「食と農」を守る。3ヵ国の農家や市民が連帯する国際会議を開催したい!|3か国民衆会議実行委員会ユースチーム

「3ヵ国民衆会議」は、私たちが生活していく上で必要不可欠な食と農の、今と未来を話し合う国際会議です。1人でも多い3ヵ国の農民の声を会議に反映させ、農村・農民交流を実現するためのサポーターになっていただけないでしょうか?

ベルマークでイラクを応援!

2018年10月24日 更新

JVCのイラク事業が「ベルマーク預金」の寄付事業先に!

ベルマーク教育助成財団様より、今年度はJVCイラク事業への助成をいただけることになっています。学校や職場でベルマーク運動に参加されているみなさま、ぜひJVCへの寄付先指定をお願いいたします。

第21回友愛援助、10事業を募集 | ベルマーク教育助成財団

2018年度は、引き続き東日本大震災で被災した子どもたちへの支援をはじめ、10事業を募集します。海外の対象国は、アフガニスタン、ラオス、タイ、東ティモール、ミャンマー、マダガスカル、ブルキナファソ、イラクの8か国です。対象事業はベルマーク財団が審査して選びました。東日本大震災援助については財団が直接、他の事業は子どもたちの教育環境の整備・充実の為に活動し、事業実績のある団体が行います。

【寄付方法】お手元にある所定の申込用紙に事業名、寄付金額をご記入の上、学校長、PTA会長の承認印を押して、財団「友愛援助係」に郵送してください。

【受付期間】2018年4月から2019年1月31日

JVC国際協力コンサート、今年はフィナーレを迎えます。このコンサートの当日を、裏方として支え、一緒に盛り上げてくださるボランティアさんを募集します。

20181027-concertvolunteer.jpg

※この募集は締め切りました。ご了承ください。

JVC国際協力コンサート、今年はフィナーレを迎えます。このコンサートの当日を、裏方として支え、一緒に盛り上げてくださるボランティアさんを募集します。

20181027-concertvolunteer-2.jpg
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net