アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2018年10月に開催されるイベント一覧

「対話」の本質

2018/10/19 更新
イベントチラシ

言葉が通じないことで他人とのコミュニケーションがうまくいかないと近くにいる相手を遠く感じています。そして誤解、緊張、敵意の原因になります。

日々起こるそんな誤解、緊張、そして小さな紛争を解決するためにはまずコミュニケーション。「非暴力トレーニング」で言葉を使わずに、外国人と日本人の間でコミュニケーションを取ってみましょう!

イラクで平和構築に取り組む団体からゲストファシリテーター!

アリー・ジャバリーさんはイラクのNGO「インサーン」の代表です。インサーンは、2015年から非暴力トレーニングを使って戦闘で心が傷ついたイラクの子どもたちが心を開ける「平和のひろば」を提供しています。言葉が違うクルドとアラブの子どもたちははじめすぐ喧嘩していましたが「非暴力トレーニング」のアプローチで相手を友人として見ることができるようになりました。INSANのスタッフに、イラクの子どもたちと取り組んでいるアクティビティのファシリテーターをしてもらいます。

日時 2018年10月28日 (日) 14:00~16:00

UNHCRが開催する難民映画祭の学校パートナーズ企画として開催される映画上映会&トークショーに、広報担当の仁茂田が登壇します。 参加は無料です。ぜひお越しください。

【以下主催者広報文】

イベントチラシ.PDFイベントチラシ.PDF

この度、国連の難民支援機関UNHCRが開催する難民映画祭の学校パートナーズである早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター所属、難民交流プロジェクトが映画上映会を行います。

今回は2016年難民映画祭にも採択された「ソニータ」を上映いたします。母国であるアフガニスタンを逃れ、イランでラッパーになることを決める主人公ソニータ。迫りくる様々な障害に立ち向かう彼女の姿をぜひご覧ください。

また、映画の後には日本国際ボランティアセンター(JVC)の仁茂田さんをお招きしてトークショーを開催する予定です。難民について詳しい方も、まったく初めての方も映画を見て考えるきっかけとなれば幸いです。ぜひご参加ください。

日時

【一部】13:30~15:45(13:00開場)
【ニ部】16:45~19:00(16:15開場)
(一部、二部に分かれていますが同じ内容です。)

イラクカフェVOL.2

2018/10/02 更新

JVCイラクボランティアチームは、イラクに関心がある人が集まりイラクの文化や歴史を学びながら活動するJVCの「国別ボランティアチーム」の一つです。

イラクボランティアチームはイラクについてアラブのお菓子を食べながらイラクについて楽しくおしゃべりする「イラクカフェ」を開催します。

イベントチラシ.PDFイベントチラシ.PDF

JVCイラク事業の現地パートナー団体、「インサ―ン」のスタッフであるアリ―さんが来日に合わせて今回「イラクカフェ」に特別ゲストとして参加することになりました。

貴重な現地のお話が聞ける機会です。アリ―さんがイラクからのお菓子をお土産で持ってきて下さるそうなので、イラクのお菓子を食べながら現在のイラクについて一緒に学びませんか?

以下のフォームからお申込み下さい。皆さんの参加お持ちしています。

日時 2018年10月27日 (土) 16:00~18:00

※このイベントの申し込みは締め切りました。ご了承ください。

20181026-cambodia-1-2.jpg

今年7月、カンボジアでは5年に1度の総選挙が実施されました。日本でも報道されていたとおり、与党が全議席を獲得するという結果となりましたが、その影には野党解党などによる政治的混乱やラジオ局の閉鎖、新聞の廃刊など、様々な出来事がありました。

旅行で訪れる人も増え、「戦争」や「難民」と同じくらい「平和」や「観光」のイメージが定着しつつあるカンボジアは今、どのような状況なのでしょうか?昨年開催し好評を得た報告会の続編を開催します。

当日はカンボジア・首都プノンペンを中心に15年、フォトジャーナリストとして活動を続ける高橋智史さんをゲストに迎え、JVCカンボジア事業駐在員の大村とともに最新の状況、またそれらはジャーナリストやNGOの活動にどのように関係するのかなど、お話できればと思います。聞き手はおなじみ、キャスター・ジャーナリストの堀潤さん。ぜひご来場ください。

日時 2018年10月26日 (金) 19:00~21:00 (18:30開場)

アーユス仏教国際協力ネットワーク」さんのお声がけで、「いのり題目市」に世界各地のクラフト雑貨などの販売ブースを出展します。ぜひお立ち寄りください。

【以下主催者広報文】

今秋も杉並区にある堀ノ内妙法寺で、日蓮宗東京都西部宗務所の呼びかけにより、日蓮宗のお坊さんや信徒さんたちが一堂に会し、世界中のいのちが安らかであるようにいのる「いのり題目の日」が開催されます。

この会場で、今年も国際協力NGOがあつまる小さな市をひらきます。世界の平和をねがういのりを実践につなげるため、世界各地に現場を持つ国際協力NGOがあつかう手工芸品や加工品の購入をひとつの機会に、ひとりひとりの大切ないのちに思いを馳せるひとときとしています。

この行事に参加されない方でも、市にはお立ち寄りいただけます。イベントページはこちらをご覧ください。

日時 2018年10月26日 (金) 11:00~15:00

以下のイベントにJVCイラク事業担当のガムラと現地パートナー団体、インサ―ンのアリ―氏が登壇します。

イベントチラシ.PDFイベントチラシ.PDF

ガムラは在日シリア人であり、個人の経験をもとにシリアの現状についてお話します。アリ―氏はイラク人として、また平和構築を行うNGO代表として「平和構築とは何か」「難民支援の方法とは」と言ったお話をいただきます。

貴重な機会となりますので是非ともご参加ください。

【以下主催者広報文】

ISIS後のイラクやシリアにおける平和構築や難民支援の現状を把握し、今後の支援の在り方を考えます。

日時 2018年10月23日 (火) 18:45~20:45 (18:15開場)

JVCイラク事業の現地パートナー団体であるインサ―ンのスタッフであるアリ―さんが今回来日することになりました。来日にあたり、JVC副代表の清水の地元である山梨県韮崎市穴山町にてイラクの状況や平和への取り組みについて講演会が行われます。

貴重な機会となりますので、普段は都内のイベントに参加できない方も是非ともお越しください!

イベントチラシ.PDFイベントチラシ.PDF

【以下主催者掲載文より】

世界中でテロの脅威が増している昨今、テロを生まない国づくり、人づくり が喫緊の課題となっています。

子どもたちの未来に、「絶望」ではなく「希 望」を届けるために何ができるか。イラク戦争から15年が経った現在のイラ クで取り組まれている、子どもたちと平和をつくる活動を紹介します。

日時 2018年10月21日 (日) 14:00~16:00
20181020-01.jpg

原点回帰のテーマに迫る

今年7月、12年ぶりに日本国際ボランティアセンター(JVC)の代表理事が交代しました。これを記念して、新旧代表の対談イベントを開催いたします。
テーマはずばり、「なぜ国際協力をするのか?」

問題に触れることなく暮らす道を選ぶこともできるはずなのに、なぜ、あえて問題の解決に取り組むのか。 なぜ海外の国々で、距離を超えて活動するのか。 一人の人間として、NGOとして、できることは何なのか。

聞き手はジャーナリスト堀潤さん

国際協力に関心がある人がきっと一度は考えたことがある、原点回帰とも言えるテーマのもと、聞き手にジャーナリストの堀潤さんをお迎えして、カンボジアやアフガニスタン、スーダンと南スーダンなどそれぞれ現地での活動経験を持つ新旧代表理事のこれまでの経験や思いに迫ります。

また、トークイベント後には懇親会も開催します。どちらか片方のご参加もできます。 国際協力に長く携わってきた方も、はじめましての方も、多くの方にお越しいただけましたら幸いです。 皆さまのご来場お待ちしております。

日時

2018年10月20日(土)

【トーク】14:00~16:30

【懇親会】17:00~19:00

11月に開催する「モザンビーク・ブラジル・日本3カ国民衆会議」に来日するブラジルとモザンビークの小農運動・市民社会のメンバーは、国内外の開発による影響・被害への抵抗運動を展開する一方、世界中の人びとと連帯しながら、「アグロエコロジー」、「食の主権」などに取り組んでいます。

この度、「民衆会議」の事前学習会として、「アグロエコロジー」と「食の主権」についての基本を学びつつ、理解を深める機会をもちたいと考え、本学習会を開催いたします。皆さまふるってご参加ください。

日時 2018年10月17日 (水) 18:00~20:30

JVC顧問の熊岡が共同代表を務めるカンボジア市民フォーラムが カンボジアの今を伝えるセミナーを開催します。

【以下主催者広報文】

イベントチラシ.PDFイベントチラシ.PDF

1993年国連暫定統治下の選挙を経て25年、カンボジアの和平と民主主義は定着したかに見えました。しかし昨年、最大野党(総議席数123のうち55議席を占めていた)の強制解党という異常な状況の下、本年7月29日第6回「総選挙」は行われました。事前に予想された通り、与党カンボジア人民党は「圧勝」全125議席獲得ということになりましたが、国際社会からは大きな批判を浴び、また国内的には発言しにくい政治状況の中、不満の声は鬱積しています。

本プログラムでは、渦中にあるトゥン・サライ氏(カンボジア人権開発協会[ADHOC] 代表)を招聘し、第一部において、人権状況について討議を行い、また「総選挙」とその前後の政治・人権状況を振り返ります。また日本の外交政策における人権の重要性を確認します。第二部では、カンボジアの状況を、東南アジアや中国からの視点をふくめ総合的に見直します。

総選挙そして政治過程は社会のあらゆるセクターに影響を与えるテーマですので、NGOを含む国際協力や調査・研究、メディア、ビジネスなど、カンボジアおよび日本の外交・援助政策にご関心のある皆さまの幅広いご参加をお待ちしております。

日時 2018年10月13日 (土) 12:15~17:00 (11:45開場)

穴山町サンマ祭り

2018/09/25 更新

JVC副代表の清水俊弘さんが山梨県韮崎市穴山町で行われる「穴山町サンマ祭り」にて被災地復興支援報告会を行います。

イベントチラシ.PDFイベントチラシ.PDF

東日本大震災から今年で7年が経ち、また3月にJVCは気仙沼事業を終了しました。時間の経過とともに人々の関心が薄れていく中、細く長く支援の気持ちを持ち続けていくために、そして地元の漁師さんたちを応援するために始った「穴山町さんま祭り」は今年で6年目となります。
今年も新鮮な気仙沼のサンマを食べ、秋の味覚を楽しみながら被災地の近況を学び、私たちの暮らしの中でできることを共に考えましょう!

是非ご参加ください。

※サンマはなくなり次第終了です。お早めにお越しください。
日時 2018年10月13日 (土) 10:00~14:00

JVCパレスチナ事業担当の並木が、以下の講演会に登壇します。
ぜひご参加ください。

カトリック世田谷教会 パレスチナ報告会@下北沢

パレスチナで活動するNGOのスタッフ、そしてパレスチナを訪れた神父が、現地の素顔や情勢、聖書とのつながりについて報告・解説します。ぜひご参加ください。

日時 2018年10月 7日 (日) 13:30~15:30

JVCパレスチナ事業担当の並木が、以下の講座に登壇します。ぜひご参加ください。

10/6WE講座「パレスチナの今を知る」@神奈川県二宮

イベントチラシ.PDFイベントチラシ.PDF

イスラエルによる長期の封鎖と銃器による攻撃で、パレスチナの人々は傷つき疲弊し、経済的にも追い詰められています。

最近、NGOの医療ボランティアの若い女性が救護活動をしようとして銃撃され、命を落としました。人々の抗議行動にも銃が向けられ、多数の負傷者や死者が出ています。

パレスチナで粘り強い活動を続けている、日本国際ボランティアセンターの並木麻衣さんを講師にお迎えし、パレスチナの現在の状況についてお話しいただきます。 パレスチナの今を知り、日本にいる私たちが出来ることを考え、行動するきっかけにしたいと思います。

日時 2018年10月 6日 (土) 10:00~12:00

ラオスで、暮らしの基盤である村の森や河川を急速な開発によって破壊され、困窮する農村住民を支援するJVCの活動を、スタッフとともに実際に活動地を訪れて体感するツアーを開催します。

個人では訪れることのきわめて難しい、ラオス中南部の自然と人々の暮らしをあわせて感じられる貴重な機会です。

ぜひともご参加ください。

直前のご案内となりますが締切を10/5(金)正午にさせていただきます。
お申込みお待ちしております。

日時

10月5日(金)正午 募集締切

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net