アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2018年5月に開催されるイベント一覧

3月~5月にかけて、木曜日夜にドキュメンタリー映画の上映会をします。
映画を観ながら、世界を、日本を見つめ直す時間にしたいと思います。

日時 2018年5月31日 (木) 19:00~21:00
イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

千葉県の幕張にある神田外語大学で開催される、千葉で国際交流や国際協力をされている団体が集まるイベント「国際フェスタCHIBA」に、JVCも出展することになりました!

参加団体による活動紹介や展示、雑貨やフェアトレード商品の販売があるほかにも、このイベントは、神田外語大学の学生主体のイベントである「幕チャリ✕ソラビト」との同時開催ということで、そちらのメインであるチャリティ・フリーマーケットを始めとした様々なイベントも同時に体験することができます。

南アフリカの民族衣装の人形やビーズ刺繍雑貨は南アフリカのシングルマザーやHIV陽性者グループがつくったものです南アフリカの民族衣装の人形やビーズ刺繍雑貨は南アフリカのシングルマザーやHIV陽性者グループがつくったものです

JVCは現地における活動の紹介とクラフト雑貨の販売を予定しています。クラフト雑貨はパレスチナ、ラオス、南アフリカ、南相馬などから。

千葉県で国際協力にふれることができる絶好の機会です。5月最後の日曜日、ぜひ遊びにいらしてください!

日時 2018年5月27日 (日) 10:00~15:00

1948年のイスラエル建国以来、70年も故郷に帰れずにいるパレスチナ難民たち。 当初は約70万人だったその数は、世代を継いで約587万人まで増えています。 これは、世界でもっとも数の多い難民グループのひとつです。

アメリカがエルサレムをイスラエルの首都として認定した2017年12月以降、 イスラエルとパレスチナの和平交渉は、ますます先が見えなくなりました。 故郷に帰ることができない難民たちは、いま何を思うのでしょうか。 どんな人たちが、どうやって暮らし、何を伝えたいと願っているのでしょうか。

イベントチラシ.pdf

本写真展では、4人の難民たちのライフ・ストーリーを通じ、彼らの素顔にせまります。 また、会場ではノートを設置し、4人へ届けるメッセージを募ります。 等身大の彼らに触れたあとには、ぜひ皆様の思いをノートに残してください。 情勢が困難な今、「人と人」として難民と繋がっていただける、 皆様のご参加をお待ちしています。

また、本写真展の期間内の5月26日(土)には、パレスチナ刺繍の体験ワークショップとパレスチナ現地の刺繍製品の生産者のビデオトークも開催します。こちらはお申し込みが必要になっていますので、ぜひ下の申し込みボタンからお申し込みください!

日時

◎写真展:

 2018年5月19日 (土)~2018年6月6日 (水)

 ※月~金:10:00~18:00 土:11:00~16:00

 ※日:開館していません。

◎体験&トーク:

 2018年5月26日(土)14:00~15:30

Tourist Information

2018/04/27 更新
20180513-korea-01.jpeg

フォトジャーナリストの佐藤慧さん、ライター・エディターの望月優大さんらが出演するDJイベントに、広報担当の仁茂田がトークセッションゲストとして出演します(DJはしません)!

JVCの活動だけでなく、どうしてNGOで働き始めたのかなどもお話させていただきます。出番は19:30~20:00頃の予定です。パレスチナ・南アフリカなどの雑貨販売もします。

普段JVCが参加するイベントとして、DJ・音楽イベントは結構珍しいですが、トークセッションの時間以外でも、会場で直接色々お話できるのではと思います。この機会にぜひ、お気軽に遊びにきてください!

【以下主催者広報文】

人はみな生まれた瞬間から人生という旅に出ているのかもしれません。 その道中で目にした景色、感じた思いの全てが今という場所に繋がっています。

『Tourist Information(ツーリストインフォメーション)』では、 多様な音楽と共に、国内外の問題を語るトークセッションや、 様々な生き方をする人々との出会いの場をみなさまにお届けします。

そこで見て、聴いて、感じた何かが、 みなさまの人生という旅をより楽しく、実り豊かなものにしていけましたら幸いです。

--------------------------------------------

第1回目の今回は、ゲストDJにSugi-Sen、望月優大をお迎えし、Green WorldのボーカリストTAKAによる弾き語りライブ、Robert Adachiによるサイケデリックテクノライブでイベントを盛り上げます。

音楽の合間のトークセッションでは、毎回多彩なゲストをお招きしていきます。 第一回目のゲストは、国際NGO日本国際ボランティアセンター(JVC)の広報担当、仁茂田芳枝さん。 今回はJVCの活動の中でも、特にパレスチナの現状についてや、 仁茂田さんがNGO業界に進まれた経緯などを伺っていく予定です。

『Tourist Information』を通して、様々な新しい出会いに触れていただければ幸いです。

日時 2018年5月13日 (日) 18:00~23:00

※一般席は定員に達しました。お申込みありがとうございました。
報道関係者の方のためのプレス席にはまだ若干の余裕があります。

20180513-korea-01.jpeg

下記のイベントにコリア事業担当の宮西が登壇します。普段中々知ることのできない「北朝鮮の素顔」をお伝えできればと思います。

【以下主催者広報文】

私たちはどれほど、アジアの隣国、北朝鮮について知っているでしょうか?北朝鮮にはどんな人々が生き、暮らしているのでしょうか?

こんな疑問を持ち、韓国出身のチョ・ソンヒョン監督は、北朝鮮で映画制作を行うため韓国籍を放棄し、ドイツパスポートで北朝鮮に入国。エンジニア、兵士、農家、画家、工場労働者など"普通の人々"への取材を敢行し、ドキュメンタリー映画『ワンダーランド北朝鮮』(6月下旬シアター・イメージフォーラム他にてロードショー)を完成させました。

北朝鮮の姿に迫るドキュメンタリー映画『ワンダーランド北朝鮮』予告動画

5月13日JICA地球ひろばにて、ドイツから来日する映画『ワンダーランド北朝鮮』チョ・ソンヒョン監督による講演会と、「人と人」との関係づくり、さらには市民の手による北東アジア地域の平和づくりを目指し、他の団体と協働して交流事業を行うNGO日本国際ボランティアセンター(JVC)のコリア事業担当宮西有紀さんによる活動紹介を行います。

トークコーディネートは堀潤(ジャーナリスト・キャスター)さんとなります。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

平壌での大学生交流で、意見交換をおこなう日朝の大学生たち平壌での大学生交流で、意見交換をおこなう日朝の大学生たち
東京での「南北コリアと日本のともだち展」の様子東京での「南北コリアと日本のともだち展」の様子
20180513-korea-09.png
日時 2018年5月13日 (日) 18:00~19:30 (17:45開場)

3月~5月にかけて、木曜日夜にドキュメンタリー映画の上映会をします。
映画を観ながら、世界を、日本を見つめ直す時間にしたいと思います。

日時 2018年5月10日 (木) 19:00~21:00

※終了時間を延長しました!
遅れてのご参加も大歓迎ですので、お気軽にご参加ください。

水について考える記念日「ゴクゴク(5959)の日」

2016年の「ゴクゴク(5959)の日」イベントの様子2016年の「ゴクゴク(5959)の日」イベントの様子

5月9日は、日本記念日協会に認定された、「ゴクゴク(5959)の日」は、おいしい飲み物をゴクゴク (5959) 飲み、かつ、水資源に恵まれない地域でも水をゴクゴク飲めるよう水環境について考えようという日です。

この記念日を提唱したコンサルタントで、「朝活」第一人者の池田千恵さんは、「乾杯のときに人は必ず笑顔になる」と信じ、美味しいお酒をゴクゴク飲むこの日が「笑顔を増やす日」になったら...という想いを胸にオフ会イベントを実施、収益をNGOへ寄付してきました。

お酒を飲んで楽しく話す「国際協力」!

きれいな水にめぐまれた日本では、各地で美味しい日本酒がたくさん作られています。一方で世界各地では、水の問題に直面した人々が、精一杯の工夫で暮らしを守ろうと奮闘しています。

JVCは、池田さんの想いと「ゴクゴクの日」の趣旨に共感し、イベントを開催してきました。2018年は、日本と世界をつなぐ日本酒イベントを開催します。今回は、なんと、人気急上昇中の日本酒専門店「KURAND(クランド)」を運営するリカー・イノベーションさん、そして「社会的なテーマと気軽に出会える場」を創るソーシャルスタンドさんのご協力のもと、なかなか出会うことができない珍しい5種類の日本酒や果実酒が飲み放題となります!

皆様の参加費は、水問題に関わりのある活動地(ラオス・南アフリカ・スーダン・アフガニスタン・パレスチナ)の人々への支援になります。参加資格は「美味しいお酒で、楽しい時間を過ごして、国際協力もしたい!」と思う20歳以上の方、それだけです。

日本酒だけでなく果実酒もありますし、ソフトドリンクもご用意します。日本酒はゴクゴクできない......という方でも安心してご参加いただけます。

少し早い時間からのスタートですが、お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

当日ご提供いただく日本酒(予定)

活動地をテーマに、各地の自然や名産にちなんで選んでいただきました!

  • 豊かな自然で育まれた能登のお酒(ラオス)
  • 長岡の女性蔵元とつくったお酒 (パレスチナ)
  • 越中八尾の熱い男が醸した濃い食中酒(アフガニスタン)
  • 新しい出会いがきっかけで贈られた新潟のお酒(スーダン)
  • 日本一長い銘柄の、母に贈る千葉のお酒(南アフリカ)

※ その他、果実酒もご提供いただきます。
※ 銘柄の名前は当日のお楽しみとなります。小さな蔵元が醸した渾身の日本酒です。

日時

2018年5月9日(水) 16:50~21:00 

※5時9分に乾杯をします!

※終了時間、延長しました!途中参加も大歓迎です!

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net