アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2018年3月に開催されるイベント一覧

朝鮮半島の核危機

2018/03/20 更新

JVCも後援として参加している国際シンポジウム「朝鮮半島の核危機 ―― 対話による解決は可能か」が3/31(土)に開催されます。
JVC理事の金敬黙が総合司会として登壇します。

※日韓同時通訳

【以下主催者広報文】

昨年11 月の緊急シンポジウム「米朝核危機と日本――平和的解決を求めて」に続き、第2 回シンポジウムを開催します。
昨年の第1回は、米朝の対立が激化し、軍事的衝突さえ危惧される状況の中で開かれました。その後、北朝鮮の姿勢にも変化が見られ、平昌冬季オリンピックへの参加を契機に南北対話が始まりました。米国のトランプ大統領も南北対話が米朝対話につながる可能性に言及しています。
しかし、依然として非核化をめぐる北朝鮮と国際社会の溝は深く、今後の展望は 不透明です。今回は、文在寅大統領の統一外交安保特別補佐官を務める文正仁氏を基調講演者に、また、日韓の北朝鮮専門家の方々をお招きし、平和的解決を模索する韓国政府の政策をはじめ、現在の状況を分析するとともに、日本外交の課題について考える機会にしたいと思います。

日時 2018年3月31日 (土) 13:00~17:45 (12:30開場)

※JVCは以下のイベントを共催いたします。ぜひご来場ください。

2011年に発生したシリア危機は、元々民主化を求める市民の運動でした。それが体制打倒を目指す軍事闘争と化し、さらにテロとの戦いの要素が加わり、いつの間にか諸外国がそれぞれの国益を巡って相争う場になりました。
8年間に及ぶ戦闘は今も続き、この間多くのクラスター爆弾も使用され、相当な数の地雷が埋められています。戦争の残酷さに直面するシリア人たちの声に我々国際社会はどれだけ耳を傾けているでしょうか。
シリアの友人は言います「私達は人形のよう。ただ従うだけ。今の世界に正義はない」と。シリア和平ネットワークのメンバーにはシリア人の友人が大勢います。その声を届けることで世論に働きかけ、非暴力でシリアに平和を創りたいと願っています。

第二回となる本シンポジウムでは現在のシリア情勢について東京外国語大の青山教授に説明いただき、兵糧攻めとも呼ぶべき包囲作戦による飢餓等に苦しむ東グータの人々の生の声を、紛争前から家族のような交流を続けてきた明治学院大学の卒業生に伝えてもらう予定です。最後にシリア人としての今の想いをシリア危機研究者のアルタウィル・ラウィア氏から伺います。
益々先が見えなくなったシリアについて地球に生きる一市民としてなにをすべきか。一緒に考えるきっかけにするために、シリアの友人の声に耳を傾けてみませんか。

日時 2018年3月24日 (土) 14:00~16:00 (13:30開場)

JVCは1989年より毎年JVC国際協力コンサート 東京公演を開催しています。本公演は、プロの音楽家(指揮者、ソリスト、オーケストラ)と、"歌声ボランティア"の共演により、(1)JVCの活動資金を作る、(2)国際協力に関心を持ってもらえる人を増やすことを目的にしています。毎年、多くの企業、団体、ボランティアの方々に支えられて今年30回目を迎えます。

説明会の様子説明会の様子

現在、今年の第30回東京公演で『メサイア』を歌ってくださる「JVC合唱団員」を募集しています。それに伴い、4月4日(水)から始まるJVC合唱団2018の始動に向けて、募集説明会を開催いたします。
「仕事しながら続けられるかしら?」
「合宿って何をするの?」
「合唱は初めてだけど・・..」など、入団前のご心配、ご質問にお答えいたします。また、「歌声ボランティア」とわれる合唱団の活動、主催団体JVCについてご説明いたします。この機会に、ぜひご参加ください。所要時間はいずれも1時間程度です。※説明会出席は、入団の必須条件ではありません。

2016年JVC合唱団員の声

Aさん

2017concert-a.m.1jpg.jpg

<年代>30代女性
<参加歴>5年
<きっかけ>
インターネットで合唱団を探していて、歌うことがボランティアにつながる所に惹かれました。
<ひとこと>
先生方の指導が素晴らしく、楽しく続けられています。また、4月から12月までの9ヶ月の練習なので、仕事が忙しくても参加しやすいです。大人数の合唱団ならではの醍醐味を楽しみましょう!

Tさん

2017concert-t.t.jpg

<年代>88歳男性
<参加歴>19年
<きっかけ>半世紀の空白を越えてメサイアを歌いたかった。社会人となってからは全く合唱とは縁が無かったが、リタイア後このコンサートの存在を知り参加を決めた。
<ひとこと>
最初の練習日は不安だったが、意外に覚えていて合唱の再開を嬉しく感じ、現在までの継続につながっている。素晴らしい指導者の下での毎週の練習が楽しみ!自分自身は加齢に伴って歌唱レベルの低下は情けないが、乱さぬようにカンニングをうまく使ってでも参加して元気を保ち、喜びを得たい。定期的にやることがあり、多くの人々と交流して合唱を楽しむ場 (^^)♪これは自分にとって何よりの「介護予防」だと信じている。

Aさん

<年代>50代女性
<参加歴>1年
<きっかけ>
JVC東京事務所でボランティアをして、合唱団を知りました。
<ひとこと>
30年振りの合唱の上、バッハ、ドイツ語と難題で気後れはしましたが、好きなバッハを歌える機会を逃すまい!と挑戦しました。何よりも、合唱団で 歌って楽しんで、同時にそれが途上国の支援に繋がるなんて、嬉しいではないですか! 始めの頃は、練習スピードについて行けず、譜面どこ歌っているの~なんてこともありましたが、回りの方がそっと教えてくださったりと、あったかいです。
○「合宿」があるの!?とご心配の方へ
初めての合宿、気になるので、参加前に経験者に伺ったら、「ご飯は用意されるし、掃除もないし歌ってるだけでいいのよ!シアワセ」とのお返事でした。実際に参加してみて、歌い続けた2泊3日でした。それでも事務局が団員の体調に 気を配って、タイムスケジュールを作成されているのですね。練習、練習でしたが、決して苛酷ではありませんでした。合宿、終了時には、合唱団全体が上達してるのはもちろん、私自身も歌えるようになって、嬉しくなりました。

日時

3月24日(土)11時~ 1時間程度

イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

「南北コリアと日本のともだち展」は、2001年に東京でスタートした東北アジアの平和を願う絵画展です。

大阪では2011年に始まり、今年で第7回となります。

ともだち展では韓国、北朝鮮、中国、そして日本に住む子どもたちが描いた絵とメッセージの交流をひとつの会場で展示します。

絵とメッセージを通してやりとりし、互いの生活や文化を知ることで、直接会うことが難しい子どもたちの人と人とのつながりを生み出しています。

今年のともだち展のテーマは「わたしの楽しい時間」。ニュースからは見えてこない普通の子どもたちが描く、それぞれの日常と楽しい時間を見ることで お互いをもっと知る。お互いの姿を伝え合うことで、ひとりでも多くの人が、 相互理解への第一歩を踏み出せるように、そんな願いをこめた「ともだち展」です。

日時

2018年3月23日(金)~25日(日)10:00~17:00(25日は16:00まで)

『変身 - Metamorphosis』

2018/03/13 更新
イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

JVCタイボランティアチームが協力する映画上映会が3/21に開催されます。 上映作品はJVCもよくお世話になっている8bit news堀潤さんによる 日米原発メルドダウン事故の実態に迫るドキュメンタリー『変身 - Metamorphosis』。

当日は、世界の環境を考える「アースデイ経王寺」を開催しています。
フェアトレード・クラフトや無農薬オーガニックなとれたて野菜、天然酵母パンなどを販売しています。

日時 2018年3月21日 (水) 17:00~18:30 (16:30開場)
イベントチラシ(PDF、570KB)イベントチラシ(PDF、570KB)

憲法9条改憲の動きをとめるために活動する市民団体「第九条の会ヒロシマ」の講演会にJVC代表の谷山が登壇します。

【以下、主催者広報文】

アベ政権は、日本の7割の人々が改憲を望んでいないにもかかわらず、2020年までの改憲に固執し2018年改憲発議を急いでいます。

谷山博史さんは、アフガニスタンなど紛争現場に近いところで、その地域の人たちと一緒に問題解決に取り組んでこられました。
―問題解決には背景にある「問題の根本」を認識し把握しなければならない。そのためには、対話が大切であり、軍隊を派遣しないことが信頼関係を築く土台となったーと言われています。

紛争地からみると、9条はどのようにみえるのでしょう。12年もの間、紛争地の人々と生活を共にして、憲法の精神を体現しながら活動をしてこられた谷山さんのお話を聞き、9条の価値を考えてみませんか?そして9条改憲の発議をさせないよう、力を合わせて声をあげていきましょう。是非、ご参加ください。

日時

3月21日(水・春分の日)

14:00~ 総会行事

14:30~16:30 結成25 周年記念集会

IRAQ DAY

2018/02/26 更新

JVC理事の谷山博史、田中優が呼びかけ人になっている「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」がイラク戦争開戦から15年になる2018年3月に、下記のイベントを行います。

【以下、主催者広報文】

イラク戦争はたった15年前に日本が積極的に関わった戦争です。
未来をつくるには過去の「失敗」から学ぶことが何よりも大切だと私たちは考えています。
この1日できっと日本の現在地が見えてくるはずです。

20180318-iraqday-1.jpgイベントチラシ(表)
20180318-iraqday-2.jpgイベントチラシ(裏)
日時

2018年3月18日(日)

開場・受付 10:30~

第1部 11:00~16:15

第2部 16:30~18:30

3月、何か新しいことを始めたいなぁと思うこの季節に、JVCインターンが「新・貿易ゲーム」ワークショップイベントを開催します!

企画は、JVC(日本国際ボランティアセンター)で2017年度インターンをしている大学生3名!
「国際協力や格差の問題に興味はあるけど何をしたらいいのか分からない、、、」と思っているそこのあなた!このイベントをきっかけに私たちの暮らしの中でできることを考えましょう。まずは一歩を踏み出してみませんか?

スタッフ対象にリハーサルを行ったときの様子スタッフ対象にリハーサルを行ったときの様子
日時 2018年3月17日 (土) 14:00~15:30 (13:30開場)

※このイベントは定員に達しましたが、10名増やします!

世界中の観客の心を奪った映画『ソニータ』の上映および、アフガニスタン事業スタッフによるトークイベントを開催します。アフガニスタン風のお茶のおもてなしつき!皆様のご参加お待ちしております。このイベントのチラシのPDFはこちらからダウンロードできます。

日時 2018年3月17日 (土) 14:00~16:30 (13:30開場)

なんと、カンボジアのプノンペンで東日本大震災の復興支援イベントが行われ、そこにJVCが出展します。

2011年3月11日からもう丸7年が経とうとしている中、とてもありがたいことです。当日は、現地の様子をお伝えするパネル展示を行う予定です。お近くの方がいらっしゃいましたらぜひご参加ください。

【以下主催者広報文】

2011年3月11日、巨大な地震の後に襲った想定外の津波。カンボジアから映像で見ているしかできなかった私たちは、想像を絶する光景に、涙とともに立ち尽くすしか術がありませんでした。

在カンボジア日本大使館では、すぐに記帳台が設けられましたが、そこには次から次へと義捐金とともに訪れるカンボジアの人々姿が列をなしていました。

あれから7年。

実情報道も少なくなってきていますが、まだまだ復興は進んでいません。

そんななか、復興支援を続けているJVC(日本ボランティアセンター)様から、現 状がわかるパネルの展示を行って頂きます。

クラタペッパーとしても、微力ではありますが、チャリティーバザーを行いたいと思います。

ご賛同頂きました募金は、日本ボランティアセンターの活動に寄付させていただきます。

皆様のご来店をお待ちしております。

日時

2018年3月11日(日) 10:00 - 17:00(現地時間)

3月11日にアーユス仏教国際協力ネットワークさんが開催する「東日本大震災チャリティバザー&思いを馳せる集い」に、気仙沼グッズ販売とトークイベント「気仙沼の今とこれから」への岩田の登壇で参加します。

売上の一部はJVC気仙沼事業へのご支援となります。
どうぞお越し下さい。

【以下主催者広報文】

東日本大震災から7年が経とうとしています。被災地は変わりつつあり、着実に復興への道を歩んでいるように見える面がある一方、人々は今何を感じて、何を見ているのでしょうか。
福島では、放射線の影響による子ども達の健康を心配する家庭は多くあり、 保養プログラムを求める声は未だに多く聞かれます。

このチャリティバザーでは、売上を福島の子どもの保養プログラムと、日本国際ボランティアセンター(JVC)の気仙沼プロジェクトの経費に当て、今後の活動に活かします。また、JVCの気仙沼プロジェクトチームから、現地の状況をお伺いするトークイベントもあり。温かいフェアトレードコーヒーや、福島で再生可能エネルギー発電事業を始める農家さんを応援する「農民発電クッキー」の販売も併せて行います。
2:45頃から法要を営み、多くの方々と共に震災の影響を受けた人たちに思いを馳せ、これからの暮らしについて共に語り合えたらと思います。
どなたでも参加歓迎! 3月11日は、清澄にお越しください。

日時 2018年3月11日 (日) 10:00

3月~5月にかけて、木曜日夜にドキュメンタリー映画の上映会をします。
映画を観ながら、世界を、日本を見つめ直す時間にしたいと思います。

日時 2018年3月 8日 (木) 19:00~21:00

カンボジア農村の今

2018/02/28 更新

新潟県上越市で開催されるこのイベントに、JVC事務局長の長谷部が登壇します。

【以下、主催者広報文】

目覚ましい経済成長

今から約25年前の1993年、カンボジアは内戦後の数々の困難を経て、国連による暫定統治と総選挙が実施され、国として新たな出発を遂げました。現在のカンボジアでは都市部を中心に外国籍企業が進出し、これらの企業が経済を牽引し、7%という高い経済成長を維持しています。

農村部の貧困

しかし農村部に住む人々の生活は苦しいままで、町にも物乞いをして生きている人々が存在します。国民の3人に1人は貧困ライン(最低限の衣食住などの基準)以下での暮らしを送っています。経済発展がもたらす恩恵は一部の豊かな人に集中し、「経済成長=みんなの生活を豊かにする」というものではありません。

全人口の約8割は農村で生活をし、その大部分は自給を中心とした小規模な家族経営農家です。カンボジアの伝統的な農法は生産性が低く、多くの農家では家族に必要な食料を十分に生産できていません。足りない食料は市場などで購入しなければいけませんが、その支出が生計を圧迫しています。農薬や化学肥料への出費も重なり、借金から望まない出稼ぎに家族を出すケースも後を絶ちません。

カンボジアでのJVCの活動

JVCは、農薬や化学肥料を使わずに、栽培方法の工夫で収穫量を増やしたり、農産加工に取り組むことによって農家の生計改善を目指す農業研修を提供したり、森林を守るための活動を支援しています。

JVCの活動から見えてくる、現在のカンボジアの状況。そして、日本の農村が抱える問題も一緒にみんなで考えてみたいと思います。

日時 2018年3月 7日 (水) 14:00~17:00

JVCは1989年より毎年JVC国際協力コンサート 東京公演を開催しています。本公演は、プロの音楽家(指揮者、ソリスト、オーケストラ)と、"歌声ボランティア"の共演により、(1)JVCの活動資金を作る、(2)国際協力に関心を持ってもらえる人を増やすことを目的にしています。毎年、多くの企業、団体、ボランティアの方々に支えられて今年30回目を迎えます。

説明会の様子説明会の様子

現在、今年の第30回東京公演で『メサイア』を歌ってくださる「JVC合唱団員」を募集しています。それに伴い、4月4日(水)から始まるJVC合唱団2018の始動に向けて、募集説明会を開催いたします。
「仕事しながら続けられるかしら?」
「合宿って何をするの?」
「合唱は初めてだけど・・..」など、入団前のご心配、ご質問にお答えいたします。また、「歌声ボランティア」とわれる合唱団の活動、主催団体JVCについてご説明いたします。この機会に、ぜひご参加ください。所要時間はいずれも1時間程度です。※説明会出席は、入団の必須条件ではありません。

2016年JVC合唱団員の声

Aさん

2017concert-a.m.1jpg.jpg

<年代>30代女性
<参加歴>5年
<きっかけ>
インターネットで合唱団を探していて、歌うことがボランティアにつながる所に惹かれました。
<ひとこと>
先生方の指導が素晴らしく、楽しく続けられています。また、4月から12月までの9ヶ月の練習なので、仕事が忙しくても参加しやすいです。大人数の合唱団ならではの醍醐味を楽しみましょう!

Tさん

2017concert-t.t.jpg

<年代>88歳男性
<参加歴>19年
<きっかけ>半世紀の空白を越えてメサイアを歌いたかった。社会人となってからは全く合唱とは縁が無かったが、リタイア後このコンサートの存在を知り参加を決めた。
<ひとこと>
最初の練習日は不安だったが、意外に覚えていて合唱の再開を嬉しく感じ、現在までの継続につながっている。素晴らしい指導者の下での毎週の練習が楽しみ!自分自身は加齢に伴って歌唱レベルの低下は情けないが、乱さぬようにカンニングをうまく使ってでも参加して元気を保ち、喜びを得たい。定期的にやることがあり、多くの人々と交流して合唱を楽しむ場 (^^)♪これは自分にとって何よりの「介護予防」だと信じている。

Aさん

<年代>50代女性
<参加歴>1年
<きっかけ>
JVC東京事務所でボランティアをして、合唱団を知りました。
<ひとこと>
30年振りの合唱の上、バッハ、ドイツ語と難題で気後れはしましたが、好きなバッハを歌える機会を逃すまい!と挑戦しました。何よりも、合唱団で 歌って楽しんで、同時にそれが途上国の支援に繋がるなんて、嬉しいではないですか! 始めの頃は、練習スピードについて行けず、譜面どこ歌っているの~なんてこともありましたが、回りの方がそっと教えてくださったりと、あったかいです。
○「合宿」があるの!?とご心配の方へ
初めての合宿、気になるので、参加前に経験者に伺ったら、「ご飯は用意されるし、掃除もないし歌ってるだけでいいのよ!シアワセ」とのお返事でした。実際に参加してみて、歌い続けた2泊3日でした。それでも事務局が団員の体調に 気を配って、タイムスケジュールを作成されているのですね。練習、練習でしたが、決して苛酷ではありませんでした。合宿、終了時には、合唱団全体が上達してるのはもちろん、私自身も歌えるようになって、嬉しくなりました。

日時

3月3日(土)11時~ 1時間程度

※この説明会の申し込みは締め切りました。ご了承ください。

JVCは1989年より毎年JVC国際協力コンサート 東京公演を開催しています。本公演は、プロの音楽家(指揮者、ソリスト、オーケストラ)と、"歌声ボランティア"の共演により、(1)JVCの活動資金を作る、(2)国際協力に関心を持ってもらえる人を増やすことを目的にしています。毎年、多くの企業、団体、ボランティアの方々に支えられて今年30回目を迎えます。

説明会の様子説明会の様子

現在、今年の第30回東京公演で『メサイア』を歌ってくださる「JVC合唱団員」を募集しています。それに伴い、4月4日(水)から始まるJVC合唱団2018の始動に向けて、募集説明会を開催いたします。
「仕事しながら続けられるかしら?」
「合宿って何をするの?」
「合唱は初めてだけど・・..」など、入団前のご心配、ご質問にお答えいたします。また、「歌声ボランティア」とわれる合唱団の活動、主催団体JVCについてご説明いたします。この機会に、ぜひご参加ください。所要時間はいずれも1時間程度です。※説明会出席は、入団の必須条件ではありません。

2016年JVC合唱団員の声

Aさん

2017concert-a.m.1jpg.jpg

<年代>30代女性
<参加歴>5年
<きっかけ>
インターネットで合唱団を探していて、歌うことがボランティアにつながる所に惹かれました。
<ひとこと>
先生方の指導が素晴らしく、楽しく続けられています。また、4月から12月までの9ヶ月の練習なので、仕事が忙しくても参加しやすいです。大人数の合唱団ならではの醍醐味を楽しみましょう!

Tさん

2017concert-t.t.jpg

<年代>88歳男性
<参加歴>19年
<きっかけ>半世紀の空白を越えてメサイアを歌いたかった。社会人となってからは全く合唱とは縁が無かったが、リタイア後このコンサートの存在を知り参加を決めた。
<ひとこと>
最初の練習日は不安だったが、意外に覚えていて合唱の再開を嬉しく感じ、現在までの継続につながっている。素晴らしい指導者の下での毎週の練習が楽しみ!自分自身は加齢に伴って歌唱レベルの低下は情けないが、乱さぬようにカンニングをうまく使ってでも参加して元気を保ち、喜びを得たい。定期的にやることがあり、多くの人々と交流して合唱を楽しむ場 (^^)♪これは自分にとって何よりの「介護予防」だと信じている。

Aさん

<年代>50代女性
<参加歴>1年
<きっかけ>
JVC東京事務所でボランティアをして、合唱団を知りました。
<ひとこと>
30年振りの合唱の上、バッハ、ドイツ語と難題で気後れはしましたが、好きなバッハを歌える機会を逃すまい!と挑戦しました。何よりも、合唱団で 歌って楽しんで、同時にそれが途上国の支援に繋がるなんて、嬉しいではないですか! 始めの頃は、練習スピードについて行けず、譜面どこ歌っているの~なんてこともありましたが、回りの方がそっと教えてくださったりと、あったかいです。
○「合宿」があるの!?とご心配の方へ
初めての合宿、気になるので、参加前に経験者に伺ったら、「ご飯は用意されるし、掃除もないし歌ってるだけでいいのよ!シアワセ」とのお返事でした。実際に参加してみて、歌い続けた2泊3日でした。それでも事務局が団員の体調に 気を配って、タイムスケジュールを作成されているのですね。練習、練習でしたが、決して苛酷ではありませんでした。合宿、終了時には、合唱団全体が上達してるのはもちろん、私自身も歌えるようになって、嬉しくなりました。

日時

3月2日(金)19時~ 1時間程度

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net