アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
写真で世界とつながろう!

第20回 写真家達によるチャリティー写真展

~世界の子ども達を支えよう、つながろう。~
2016年11月10日 更新

20回目を迎える、フォトボランティア・ジャパン基金主催によるチャリティー写真展が今年も開催されます。会場でプロ写真家(参加写真家150名)の作品を即売し、売上金をNGO,NPO等に寄付をする社会貢献活動で、今年の写真の売上(1点10,000円・25cm角の額入り)は、JVCと、国際協力NGOジョイセフに寄付されます。

12月9日(金)、11日(日)にはギャラリートークにアフガニスタン事業担当の加藤と、気仙沼事業担当の横山が登壇します。ぜひご来場ください。

日時 2016年12月9日(金)~ 2016年12月15日(木)

■ギャラリートーク
・12月9日(金)15:00~
 「アフガニスタン村人奮闘記-地域保健は今」
 アフガニスタン事業担当加藤
・12月11日(日)14:00~
 「震災から5年9ヶ月、気仙沼を忘れない」
 気仙沼事業担当横山
会場 富士フイルムフォトサロン スペース2
住所:東京都港区赤坂9丁目7番地3号 (会場への地図)
アクセス東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分、東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩5分
プログラム

ギャラリートーク

12月9日(金)15:00~
「アフガニスタン村人奮闘記-地域保健は今」
アフガニスタン事業担当加藤
12月11日(日)14:00~
「震災から5年9ヶ月、気仙沼を忘れない」
気仙沼事業担当横山

登壇者プロフィール

加藤真希(アフガニスタン事業担当)
高校生の時にラテンアメリカの情熱的な雰囲気に漠然とした憧れを抱き、同時に格差や貧困の状況に関心を持つ。大学卒業後メキシコに渡り、先住民族地域でフィールドワークを行いながら地域開発学を学ぶ。メキシコの現地NPOで活動後、12年から現職。
横山和夫(気仙沼事業担当)
一般企業で技術者としてキャリアを積み上げてきたが、2011年3月の東日本大震災により自分が生まれ育った地域が被災し、そこに暮らす人々が困難に直面する様子を目の当たりにして大きな衝撃を受けたことから、震災復興に関わる仕事をしたいと考えるようになり、退職。福島県、宮城県、岩手県でボランティア活動を行い、14年から現職。
参加費 無料
主催フォトボランティア・ジャパン基金
申し込み/
問い合わせ先
申し込み不要。詳細は公式ホームページへ。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net