アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

NGOイクメン海外駐在員の暮らし
〜パレスチナ編〜

2014年4月16日 更新

「NGOの海外スタッフって、どんな暮らしをしているの?」
「子育てしながらでも、NGOで働ける?」
「海外での子育てって、どうしてるの?」

そんな疑問に、JVCの海外駐在員が現場の経験でお答えします!

報告者は、パレスチナ自治区で支援活動を行うスタッフ・今野。現在3歳の女の子の子育てに奮闘しながら、現地の人々の健康を守る仕事をしています。彼がどうしてNGOで働くことになったのか、海外でどうやって子育てをしているのか...、そして、どのような思いでパレスチナの支援をしているのか。座談会方式で、質疑も挟みながら語ります。

NGO活動にご興味のある方、海外支援は気になるけどキャリアに迷っている方、そしていつか海外で子育てしたい方や、パレスチナに興味のある方も、是非お気軽にご参加くださいませ!

日時 2014年4月24日(木)19:30〜21:00
(懇親会21:00〜21:30、同会場)
会場 JVC東京事務所
住所:東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F (会場への地図)
電話:03-3834-2388
アクセスJR秋葉原駅 中央改札口から徒歩7分。JR御徒町駅 南口から徒歩7分。東京メトロ銀座線「末広町駅」から徒歩5分。
内容

プログラム

1.参加者自己紹介:アイスブレイキング
2.発表者自己紹介:NGOに入ったいきさつは?
3.子育てネタ:パレスチナでの子育て、どうですか?
4.今野さんの活動:パレスチナで、どんなことをしていますか?
5.質疑応答、その後懇親会

報告者

今野泰三(いまの・たいぞう)エルサレム事務所現地代表

大学在学中に明け暮れたバックパッカー旅行。その道中、カンボジアで内戦の記憶と開発のひずみの中で苦しむ人々と出会い、シリアでパレスチナ難民から祖国への思いを聞き、ロシアの空港ではどこにも行けない無国籍のガザ難民と夕食を共にした。無数の出会いに背を押され、01年よりJVCボランティアチームに参加。英国留学、シンクタンク勤務、エルサレム留学、大阪での研究員生活を経て12年より現職。パレスチナで見たもの聞いたものを日本の皆さんと分かち合いながら、世界の「希望」「幸せ」を少しでも増やせるよう一緒に考え行動していきたいと願う。現在は、3歳になる一人娘の子育てに奮闘しながら研究とNGO活動を両立中。

参加費 一般1,000円、JVC会員500円、小学生以下のお子様は無料
(パレスチナのスナック・お茶の試飲試食つき。終了後無料懇親会あり)
主催日本国際ボランティアセンター(JVC)
その他※お子様連れの参加も可能ですので、事前に担当までご一報くださいますようお願いいたします。お絵描きスペース、オムツ替えスペース等を準備いたします。
申し込み/
問い合わせ先
日本国際ボランティアセンター 担当:並木
TEL: 03-3834-2388 E-mail: namiki@ngo-jvc.net

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net