アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2013年5月に開催されるイベント一覧

本年6月1日~3日、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が横浜で開催されます。同会議の目玉として準備されてきたのがプロサバンナ(ProSAVANA)事業です(*注1)

同事業は、2009年に合意された、「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力によるアフリカ熱帯サバンナ農業開発」の略称で、ブラジルのセラード開発を参照事例として、モザンビーク北部3州の1000万ヘクタール(日本の耕作面積の三倍)を超える地域を対象とした大規模な農業開発計画です。

既に、大々的な宣伝がなされていますが、昨年10月来、現地の農民組織や市民社会組織は、本事業に強い懸念を表明しています。その理由は、当事者である地域農民の主権の軽視、事業全体における目的と手続きにおける不透明さ、アグリビジネスによる土地収用や遺伝子組み換えの導入への危惧などとされています。

さらに、最近明らかになったマスタープラン中間報告の中身の検討から、プロサバンナ事業が、現地に暮らす農民の権利を狭め、アグリビジネスによる容易に土地収用に道を拓くものであったことが、現地並びに国際市民社会の声明により明確になりました。

モザンビーク・国際市民社会声明
【原文・英語】http://www.grain.org/e/4703
【和訳】http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

2007~8年の食料価格高騰以来、世界中で土地をめぐる紛争が激化しています。特に、アフリカはターゲットとなり、中でもモザンビークでは世界統計で最多の土地取引がなされています。世界的にも先駆的な土地法(1997年)が農民の手によって制定されたモザンビークでもこのような現状にあります。

このような事態を受け、TICAD Vを前に、2月に来日したモザンビークの農民組織UNACの代表らが、再度来日し、問題を訴える他、この問題に長年かかわってきた国際NGO・GRAINの調査責任者、そしてブラジルの市民社会よりセラードとプロサバンナの調査を実施したFASEが来日します。

今アフリカで何が起きているのか、小農はどのように暮らし何を求めているのか、プロサバンナ事業はこの点においてどのような問題を抱えているのか、日本の我々はこれらの問題にどのように関わるべきなのかについて、皆さんと一緒に考えたく、TICAD V直前の5月29日(水)に、開催地横浜にて、次の二つのイベントを開催する運びとなりました。ふるってご参加ください。

  • (1) 国際シンポジウム
    5月29日(水)18時~20時半@産業貿易センターB102会議室
  • (2) 市民社会ラウンドテーブル (このページです)
    5月29日(水)13時半~16時@産業貿易センターB102会議室

この問題に関して、JVC会報誌『Trail&Error』においても連続で取り上げています。ぜひこちらの記事もご参照ください。

日時

2013年5月29日(水)13時半~16時
(*16時から記者会見)

本年6月1日~3日、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が横浜で開催されます。同会議の目玉として準備されてきたのがプロサバンナ(ProSAVANA)事業です(*注1)

"サバンナ"とはいえ、雨も豊富で緑豊かな事業対象地

同事業は、2009年に合意された、「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力によるアフリカ熱帯サバンナ農業開発」の略称で、ブラジルのセラード開発を参照事例として、モザンビーク北部3州の1000万ヘクタール(日本の耕作面積の三倍)を超える地域を対象とした大規模な農業開発計画です。

既に、大々的な宣伝がなされていますが、昨年10月来、現地の農民組織や市民社会組織は、本事業に強い懸念を表明しています。その理由は、当事者である地域農民の主権の軽視、事業全体における目的と手続きにおける不透明さ、アグリビジネスによる土地収用や遺伝子組み換えの導入への危惧などとされています。

さらに、最近明らかになったマスタープラン中間報告の中身の検討から、プロサバンナ事業が、現地に暮らす農民の権利を狭め、アグリビジネスによる容易に土地収用に道を拓くものであったことが、現地並びに国際市民社会の声明により明確になりました。

モザンビーク・国際市民社会声明
【原文・英語】http://www.grain.org/e/4703
【和訳】http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

2007~8年の食料価格高騰以来、世界中で土地をめぐる紛争が激化しています。特に、アフリカはターゲットとなり、中でもモザンビークでは世界統計で最多の土地取引がなされています。世界的にも先駆的な土地法(1997年)が農民の手によって制定されたモザンビークでもこのような現状にあります。

招聘団体UNAC「農民が農民から学ぶ」様子(ナンプーラ)招聘団体UNAC「農民が農民から学ぶ」様子(ナンプーラ)

このような事態を受け、TICAD Vを前に、2月に来日したモザンビークの農民組織UNACの代表らが、再度来日し、問題を訴える他、この問題に長年かかわってきた国際NGO・GRAINの調査責任者、そしてブラジルの市民社会よりセラードとプロサバンナの調査を実施したFASEが来日します。

今アフリカで何が起きているのか、小農はどのように暮らし何を求めているのか、プロサバンナ事業はこの点においてどのような問題を抱えているのか、日本の我々はこれらの問題にどのように関わるべきなのかについて、皆さんと一緒に考えたく、TICAD V直前の5月29日(水)に、開催地横浜にて、次の二つのイベントを開催する運びとなりました。ふるってご参加ください。

  • (1) 国際シンポジウム (このページです)
    5月29日(水)18時~20時半@産業貿易センターB102会議室
  • (2) 市民社会ラウンドテーブル
    5月29日(水)13時半~16時@産業貿易センターB102会議室

この問題に関して、JVC会報誌『Trail&Error』においても連続で取り上げています。ぜひこちらの記事もご参照ください。

日時 2013年5月29日 (水) 18:00~20:30

パレスチナってどんなところ?パレスチナでの国際協力ってなにをしてるの?JVCのボランティアさんってどんな活動してるの?パレスチナの食べ物っておいしいの?

みなさんの持っていそうな色々な疑問・質問に答えたい!パレスチナや国際協力に関心をもってもらいたい!と思った、JVCパレスチナ事業現地代表、元事業担当、ボランティアさんが集まってお話します。パレスチナのお菓子を食べながら、アラブ・コーヒーや聖地のワインを飲みながら、楽しくお話しませんか?

日時

2013年5月26日(日)15:00~17:30
※終了後、スピーカーを交えた懇親会を予定しています。参加できる方は 申込時に合わせてお知らせください。

※このイベントは申し込みが定員に達しました。

パレスチナってどんなところでしょうか?人々はどんな暮らしをしているのでしょうか?「アラブの春」以降、中東の一角パレスチナでは、何が起こり、何が変わったのでしょうか?国連でのパレスチナの「オブザーバー国家」への格上げや、去年11月のガザ地区での紛争には、どんな意味があったのでしょうか?

去年7月から現地に駐在する今野が、現地で見聞きしたことなど、パレスチナの今をご紹介します。現地から持って帰ってきたオリーブやワインの試食・試飲もあります。中東政治に関心のある方、パレスチナに関心のある方、紛争地での国際協力支援に関心のある方、パレスチナの料理に関心がある方など、皆さまのご来場をお待ちしております。

日時

2013年5月23日 19:30~21:00
(報告会後、21時より懇親会あり)

1965年に青年海外協力隊の第1期生としてラオスに飛びこんで以来、80年代にはインドシナ難民救援のため日本国際ボランティアセンター(JVC)の創設で中心的な役割を果たすなど、約50年にわたって国際協力に携わってきた星野昌子。世界と共に駆け抜けた半生を振り返りながら、その原動力を語ります。

プロフィール

星野 昌子(JVC特別顧問)
1932年東京生まれ。1965年に青年海外協力隊の初代隊員としてラオスで活動後、1980年、日本国際ボランティアセンター(JVC)の設立で中心的な役割を担った。その後も神奈川県立かながわ女性センター館長、日本NPOセンター代表理事、G8サミットNGOフォーラム代表等を歴任。これらを通して日本社会に国際ボランティアの潮流を生み出したことが評価され、2012年に旭日小綬章を受章した。神奈川新聞にて2013年3月から60回にわたる連載を掲載。

聴き手:齊藤 直美さん(ラジオパーソナリティ)

日時 2013年5月22日 (水) 14:00~16:00 (13:30開場)

パレスチナってどんなところでしょうか?人々はどんな暮らしをしているのでしょうか?「アラブの春」以降、中東の一角パレスチナでは、何が起こり、何が変わったのでしょうか?国連でのパレスチナの「オブザーバー国家」への格上げや、去年11月のガザ地区での紛争には、どんな意味があったのでしょうか?

去年7月から現地に駐在し、イスラエルへの留学経験も持つ今野が、現地で見聞きしたことなど、パレスチナの今をご紹介します。現地から持って帰ってきたお菓子やコーヒーの試食・試飲もあります。皆さまのご来場をお待ちしております。

日時

2013年5月12日(日)15:00~17:30
※報告会終了後、会場近辺にて懇親会を予定しております。合わせてご参加ください。

TPPに関して名古屋で開催されるこのイベントに、JVC代表理事の谷山が登壇します。

【以下、主催者広報文】

日本がTPPへ加盟するまでには、まだ長い道のり

食の安全や、環境、医療、自治、主権、――。暮らしや世界を根こそぎ変えてしまうかもしれないTPP(環太平洋パートナーシップ協定)。しかしそれが何をもたらすのか、物事がどのように決まるのか不透明なまま進んでいこうとしています。

ここに集まるメンバーは、社会の行方を決めるプロセスが市民にも開かれたものになるよう、東京・大阪・名古屋・岐阜で政府担当者との意見交換会を開催、政府に説明を求め、意見を伝えてきました。開発援助のあり方について10年以上にわたり政府との定期協議の場を築いてきた経験豊かなNGOのメンバーがTPP問題の今とこれからについて話し合います。この状況をより多くの人々が理解し、TPPについて考える機会を持ち続けてください!

各地のTPPウォッチャーが名古屋に集結!!

  • TPPが何か分かる! 暮らしはよくなる? 脅かされる? なにがどうなる???
  • ウォッチするポイントが分かる! だれが、いつ、なにを、どう決めるのか?
  • 実際に行動している人に出会える! TPPウォッチのネットワークにつながれる!
日時 2013年5月11日 (土) 13:30~16:30 (13:00開場)
前回開催の時のJVCブース前回開催の時のJVCブース

アフリカ諸国に対する理解を深めるために開催されている「アフリカン・フェスタ」。今年は「第5回アフリカ開発会議(TICAD V)」(2013年6月1日から3日)を記念し、「アフリカとHand In Handしよう!」をテーマに開催されます。

五月の週末、横浜赤レンガ倉庫までぜひお越しください。JVCブースは「J53」、フードコートの近くです。

※イベント詳細は以下のサイトをご覧ください。
http://africanfesta2013.com/

日時

2013年5月11日(土)11時から17時
2013年5月12日(日)10時から17時

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net