アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
JICA×JVC共催

スーダンの今

―2つの戦争被災地域から―
2013年3月19日 更新

第2次世界大戦後最長と言われた「スーダン南北紛争」が終わり、2011年7月、南スーダン共和国が誕生したニュースは、未だ多くの人の記憶に新しいのではないでしょうか。

JVCによる野菜の種子の配布。南コルドファン州カドグリにて。JVCによる野菜の種子の配布。南コルドファン州カドグリにて。

しかし、南北スーダンの間には、その後も断続的な戦闘が発生し、多くの国内外の避難民が発生しています。

そこで、深刻な状況にあるスーダン南コルドファン州で活動を継続するJVCの今井高樹が、現地の最新の状況と活動についてをご報告します。

また、スーダン西部のダルフールでは、2003年に発生した紛争が、政府と反政府勢力の一部の間で何度か和平協定が結ばれたものの、なお一部の地域で治安が回復しておらず、多くの被災民が復興を待ち望んでいます。JICAでは、2009年からダルフール3州の州政府に対する支援を行っており、本セミナーでは、プロジェクトの終了時評価に参加して現地入りした経済基盤部の土肥優子氏が、ダルフールの状況やプロジェクトについて報告します。

これらの報告を受け、JICAアフリカ部の宍戸健一氏の進行により、スーダンの現状や課題について意見交換を行います。

詳しくはJICAのイベントページをご覧ください。

日時 2013年4月12日 (金) 18:30~20:30
会場 JICA市ヶ谷ビル6階セミナールーム600
住所:東京都新宿区市谷本村町10-5 (会場への地図)
アクセス

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分

出演者

土肥 優子氏(JICA経済基盤開発部平和構築課、インハウスコンサルタント)
【略歴】NGO職員としてアフリカ諸国で約4年間勤務。2000年からJICA企画評価部(ジュニア専門員/平和構築)、2004年からインドネシア事務所(企画調査員/復興・平和構築支援)、2006年からケニア地域支援事務所(広域企画調査員/同上)、2007年からスーダン事務所(企画調査員/同上)、2010年から公共政策部、経済基盤開発部。

今井 高樹(日本国際ボランティアセンター スーダン現地代表)
【略歴】北海道大学文学部卒業後、スーパーマーケットに17年間勤務。退職後渡米、公立小学校での補助教員となる。2007年JVCに入職し、スーダン現地代表として南部スーダン自治領(当時)での自動車整備工場運営・技術支援による帰還民支援を担当。2009年事業地をスーダン・南コルドファン州に移動。現在は首都ハルツームに駐在、スーダン生活は約6年に及ぶ。

進行:宍戸 健一氏(JICAアフリカ部 TICAD担当参事役)

参加費 無料
定員90名
申し込み/
問い合わせ先

JICA地球ひろば 地球案内デスク
TEL:0120-767278 E-mail:chikyuhiroba@jica.go.jp
ホームページからも申込可

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net