アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • イベント情報 >
  • モザンビークでのJICA熱帯サバンナ農業開発プログラムに関する 市民社会との勉強会
AJF・JVC・HFW・明治学院大学国際平和研究所(PRIME)共催
連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2012年度 第5回

モザンビークでのJICA熱帯サバンナ農業開発プログラムに関する 市民社会との勉強会

2012年10月30日 更新

<主催者広報文より>

モザンビーク北部のナカラ回廊地域では、2011年4月より、地域の小規模農家と農業開発に参入する投資家が共存するモデルを目指す「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発プログラム(ProSAVANA-JBM)」が、独立行政法人国際協力機構(JICA)により実施されています。

JICAによると、ProSAVANA-JBMは、広大な熱帯サバンナ地帯を有していたブラジルで、1970年代から日本との協力で約20年にわたって農業開発協力事業に取り組んだ知見や農業技術を活用し、世界の食料問題の解決に貢献することを目的としています。

今回のセミナーでは、本事業を担当する坂口幸太さんをお招きし、プログラムの詳細についてお話しいただきます。その上で、現地で長年にわたって活動や調査研究を行ってきた舩田クラーセンさやかさん(東京外国語大学准教授)にコメンテイターをお願いしています。質疑応答の時間には、参加者と活発な議論を行いますので、皆さまふるってご参加ください。

●「飢餓を考えるヒント」プレゼント

飢餓を考えるヒント表紙

当日ご来場の方に、食料価格高騰の影響やしくみをコンパクトにまとめた小冊子(A5・20ページ)を無料でお配りします。

[内容]高く、不安定な食料価格/自由貿易協定と食料問題/肥満と飢餓/これからの農業を考える/「脱成長」の時代へ ほか(見出しより抜粋)

日時 2012年11月15日 (木) 18:30~20:30 (18:15開場)
会場 明治学院大学白金校舎 本館1252教室
住所:東京都港区白金台1-2-37 (会場への地図)
アクセスJR品川駅・目黒駅よりバスで約10分、東京メトロ白金高輪駅、白金台駅、高輪台駅より各徒歩約7分
講師
コメンテーター

【講師】

坂口幸太さん
独立行政法人国際協力機構(JICA)アフリカ部アフリカ第三課

2003年東京外国語大学ポルトガル語学部卒業。同年JICA入団。  中南米部南米課、国際協力総合研修所、ブラジル事務所を経て現在アフリカ部アフリカ三課(南部アフリカ所掌)でモザンビーク国担当及びJBPP(日本ブラジルパートナーシッププログラム)対アフリカ協力担当。 

【コメンテイター】
舩田クラーセンさやかさん(東京外国語大学大学院 教員)

参加費 無料
共催(特活)アフリカ日本協議会(AJF)、(特活)日本国際ボランティアセンター、(特活)ハンガー・フリー・ワールド(HFW)、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
その他参考資料『プロサバンナ事業に関する声明』(PDF/190KB)
申し込み/
問い合わせ先

明治学院大学国際平和研究所 担当:田中 
prime@prime.meijigakuin.ac.jp 03-5421-5652

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net