アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2012年10月に開催されるイベント一覧

アフリカで一番面積の広かったスーダンから南スーダンが独立して1年余り。スーダン(北)と南スーダンの現状はどうなのでしょうか。

JVCによる南コルドファン州での緊急支援の様子JVCによる南コルドファン州での緊急支援の様子

現地に滞在したJVCスタッフが、南北スーダンの基礎から2回に渡ってお話しします。南北スーダンの今を知る機会です!ぜひお越しください!

スーダンについて予習したい方は・・・「現地ブログFromスーダン スーダン日記」ぜひこちらをご覧ください。

日時

第1回 10月30日(火) 19:30~21:00
第2回 11月6日 (火)  19:30~21:00

JVCによる南コルドファン州での緊急支援の様子JVCによる南コルドファン州での緊急支援の様子

今井高樹(スーダン事務所現地代表)が、今に続く紛争の実態と、その中でも助けあって生きる人々の姿を報告します。

スーダンの伝統的なお茶「ケレケデ」(ハイビスカス茶)もご用意しております。 ぜひお出かけください。

日時 2012年10月28日 (日) 13:30~16:00

イスラーム社会のNGO

2012/10/12 更新

〈NGOと社会〉の会 2012年連続シンポジウム『イスラーム社会の変革の胎動とNGO』の第2回に、JVC事務局長の長谷部が登壇します。

《主催者広報文より》

かたくなな主義の主張と暴力、そして圧政と人権侵害...。

欧米諸国や日本におけるイスラームやムスリム(イスラーム教徒)をめぐる言説は、これらの否定的なイメージに彩られています。そして、国際社会の介入・援助による「改革と民主化」が、不可避であるとの思考法に私たちはとらわれているのではないでしょうか。

しかし、こうした偏った情報への接し方や思考法によって私たちの眼から遠ざけられているものがあります。その一つが、イスラーム圏において国際的なネットワークを構築しながら、平和・開発・人権・人道支援などの分野で活動するムスリムの非政府系組織(NGO)の存在です。

イスラーム社会の中でNGOは、今、どのような社会的役割を果たしているのか?

また「イスラーム的価値」はその活動にどのように活かされているのか?

そして非イスラーム圏に生きる私たちは、こうしたイスラーム社会のNGOやその活動から何を学ぶことができるのか?

これらの問いは、さらにイスラーム世界に対する日本の「援助」政策の再考を迫る問いへと発展します。イスラーム社会を対象にした欧米や日本の政府開発援助(ODA)は、これまでイスラーム社会の市民組織やNGOにどれだけ目を向けてきたのか、また平和を求め、異文化との共生を志向する「イスラーム的価値」の広がりにどの程度貢献、あるいは阻害してきたのか?

〈NGOと社会〉の会では法政大学国際文化学部との共催の下、これらの問いを考えるヒントを探るものとして、シンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

日時 2012年10月27日 (土) 14:00~17:30

Manami Morita Live in Tokyo

2012/08/29 更新
Manami MoritaManami Morita

テレビ朝日系「報道ステーション」のオープニングテーマ曲を作曲・演奏するピアニスト、マナミ・モリタがニューヨークから来日。

ジャズの枠を超えたオリジナル曲にスタンダードを加えたパワフルなステージをお届けします。チケット代の一部は、日本国際ボランティアセンター(JVC)がパレスチナで行う支援活動に役立てられます。

チケット代金:予約4,000円 当日4,500円(共に税込/飲食別

日時

10月25日(木)
《開場》18:00 《開演》19:30

10月26日(金)
《開場》18:00 《開演》19:30

行楽の秋、各地で様々なイベントが開催されていますが、10月20・21日の土日は横浜でよこはま国際フェスタ2012が開催されます。

JVCからはアフリカチームタイチームパレスチナチームラオスチーム各ボランティアチームが参加。JVCの活動紹介、JVCボランティアチームの活動紹介をします。また、刺繍製品などの手工芸品を中心に物品を販売します。

販売予定のモン族手刺繍ポーチ販売予定のモン族手刺繍ポーチ
販売品予定の手刺繍枕カバー、ランチョンマット販売品予定の手刺繍枕カバー、ランチョンマット

会場は「象の鼻パーク」。山下公園のそばで、そのほかにも赤レンガ倉庫、中華街と立ち寄りどころ沢山。国際都市横浜の週末を楽しみましょう。

アフリカチームによるワークショップのご案内
「南アフリカの人って何食べてるの?
~グループワークで南アを知ろう~」

アフリカボランティアチームによるワークショップの様子(写真は10月6日のグローバルフェスタにて)アフリカボランティアチームによるワークショップの様子(写真は10月6日のグローバルフェスタ)

今回JVCアフリカボランティアチームが来場者の方に向けてワークショップを行ないます。

あなたが昨日まできっと知らなかった南アフリカ、現地の人々の暮らしを感じてみませんか?
ぜひこちらもご参加ください。

時間:10月20日(土)14時から15時、10月21日(日)13時から14時
会場:よこはま国際フェスタ会場内ワークショップスペース
(当日会場内案内をご確認ください)

日時

2012年10月20日(土)  10:30~16:00
ワークショップ:14~15時

2012年10月21日(日) 10:30~16:00
ワークショップ:13~14時

(小雨決行、荒天中止)

今回の震災によって、多くの人々がその住まいを失い、住み慣れた集落から離れることを余儀なくされました。一方、自宅の流失を免れた人々や集落自体もまた、様々な形で震災の影響を受けてきました。

震災の支援活動が、仮設住宅に集中しがちな中、自宅で生活を続ける人々が取り残されることがない様に、JVCは自宅生活者や集落への支援活動を続けてきました。

戸別訪問をして自宅生活者への聞き取りをする岩田(右)戸別訪問をして自宅生活者への聞き取りをする岩田(右)

JVCが活動する四ヶ浜(しかはま)の自宅生活者は、約65世帯。彼らは、今、どのような生活を送っているのでしょうか。自宅生活者の現状をお伝えします。また、大きな打撃を受けた集落が再生を果たす上での課題と、求められる支援活動について、皆さんとともに考えたいと思います。

このイベントは、シリーズイベント「気仙沼はいま」の第6回です。気仙沼での活動から見えてくることを様々な視点からお届けしています。

日時 2012年10月16日 (火) 19:30~21:00

イラクの日常は今

2012/10/05 更新

イラク事業担当の原が島根県で講演と写真展を行います。

展示予定の写真より(2003年9月バグダードにて撮影)展示予定の写真より(2003年9月バグダードにて撮影)

奥出雲町の横田中学校や松江市の島根大学でも授業に参加させて頂きますが、一般の皆さまに参加いただける講演として2回の講演を予定しています。

<主催者広報文より>

イラク戦争終結後の今、生活弱者といわれる子どもたち、女性、お年寄りはどう生きているのかをお話ししていただきます。原さんが撮った現地の写真も展示します。
また、イラクに残る世界最古(5000年前)の絵本『ギルガメッシュものがたり』の読み聞かせをします。

日時 2012年10月15日 (月) 19:00~21:00

イラクの日常は今

2012/10/05 更新

イラク事業担当の原が島根県で講演と写真展を行います。

展示予定の写真より(2003年9月バグダードにて撮影)展示予定の写真より(2003年9月バグダードにて撮影)

奥出雲町の横田中学校や松江市の島根大学でも授業に参加させて頂きますが、一般の皆さまに参加いただける講演として2回の講演を予定しています。

<主催者広報文より>

イラク戦争終結後の今、生活弱者といわれる子どもたち、女性、お年寄りはどう生きているのかをお話ししていただきます。原さんが撮った現地の写真も展示します。
また、イラクに残る世界最古(5000年前)の絵本『ギルガメッシュものがたり』の読み聞かせをします。

日時 2012年10月14日 (日) 14:00~16:00

難民をとりまく問題について投げかけるさまざまな作品が上映される「UNHCR難民映画祭」には、毎年JVCも職員が「リソースパーソン」として参加し、映画の背景について解説しております。

今年は古居みずえさん監督作品「ぼくたちはみた-ガザ・サムニ家の子どもたち」が上映され、その作品解説を、JVCパレスチナ事業担当の津高政志が致します。ぜひお運びください。

日時 2012年10月 8日 (月) 13:00

『福島と生きる』出版記念イベントで、JVC震災支援担当/ アフガニスタン事業担当の谷山 由子が話します。

~主催者広報文より~

3・11から一年半を経てもなお、福島の再生・復興、そして福島第一原発の「事故収束」の展望は何も見えていません。放射能汚染が広がる中、健康被害の実態さえ把握されていません。福島から避難した人、福島に残る人々への生活支援や賠償も進んでいません。

解散・総選挙に向けた政局にメディアの関心が集中する中で、福島の人々が直面するこうした問題が見過ごされ、解決が先送りにされています。

福島の再生・復興、そしてこれからの支援活動に問われていることは何か?それぞれの団体の活動の報告と経験の交流を通じて考えます。ぜひ、ご参加ください。

『福島と生きる』『福島と生きる』

※本企画は
『福島と生きる―国際NGOと市民運動の新たな挑戦』
新評論刊の出版記念イベントです。)

日時

日時:2012年10月8日(月・祝)
時間:14:30~17:00

昨年のブースでは、商品販売のほかにクイズなどもやりました昨年のブースでは、商品販売のほかにクイズなどもやりました

毎年開催される国内最大級の国際協力イベント、グローバルフェスタJAPAN。もちろんJVCもブース出展します。

JVCのブースでは、現地での活動や国内でできるボランティア、ご参加いただけるイベントをご紹介したり、パレスチナ、南アフリカ、タイなどの手工芸品、そしてJVC国際協力カレンダー2013「大地にうたう」を販売する予定です。

そのほか、ワークショップブースやチャリティーランブースにも参加します(下記参照)。ぜひお立ち寄りください!

日時 2012年10月 6日 (土)~2012年10月 7日 10:00~17:00

映画「壊された5つのカメラ~パレスチナ・ビリンの叫び」の上映前のトークに、JVC海外事業担当の藤屋 リカが出演します。

日時 2012年10月 3日 (水) 21:10
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net