アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2011年10月に開催されるイベント一覧

混迷のエルサレム

2011/10/17 更新

パレスチナ・イスラエル問題の中心に常にある、聖地エルサレム。数千年の歴史が遺した伝説の都市エルサレムは、日々刻々と生き物のように姿を変え、国際政治を振り回し、今も混迷を続けながら世界中の人々を惹きつけています。

日時 2011年10月27日 (木) 16:45~18:15

yubiwa4.jpg

金、ダイヤモンド、プラチナなど鉱物資源で世界有数の産出量を誇る南アフリカ。宝飾品や工業用として日本にも輸入されています。しかし南アフリカは世界一の格差社会と言われています。「結婚指輪」から南アフリカをのぞいてみると・・・?金鉱山を解雇された男性などの話をまじえながら、南アフリカ社会が抱える課題やその解決策、そして私たちの生活のあり方について考えていきたいと思います。

※JVC連続講座全体についてはこちらをご覧ください。

日時 2011年10月26日 (水) 19:30~21:00

パレスチナは、果たして国家になれるのか―――。

エルサレムの街エルサレムの街

国連において様々な議論が繰り広げられる中、パレスチナ自治政府は国連加盟国としての申請に踏み切りました。
一方、申請に歓喜するパレスチナ人たちの映像がニュースとなって日本にも届きましたが、実際のところパレスチナ人たちの反応はどのようなものなのでしょうか。そして、これからパレスチナの国土となるかもしれない土地では、どのようなことが起こっているのでしょうか。
この激動のパレスチナから帰国したばかりの、パレスチナ事業担当の津高政志が、皆さんにわかりやすく現状を報告します。

日時 2011年10月25日 (火) 19:00~20:30

来る10月15日(土)と17日(月)、来日中のアフガニスタン人スタッフを囲み、現地の人々の平和への思いとそのための取組みを聞く"ピース・イン・アフガニスタン"企画を開催します。今回来日するのは、アブドゥル・ワハーブ(地域保健医療活動担当/医師)とサビルラ・メムラワル(総務・治安管理・アドボカシー担当)の2名です。米軍の撤退やタリバンの襲撃事件のニュースばかりが流れていますが、そこに暮らす人たちが何を望んでいるのか、いま挑戦していることに展望はあるのか、ゲストを交え現地の人たちの声を聞きます。どうぞご参加ください。

日時 2011年10月17日 (月) 19:00~21:00 (18:45開場)

1991年のパリ和平協定から20年になるカンボジア。これを機に開催されるシンポジウムに、JVCカンボジア事業担当の山崎が登壇します。

<主催者広報文>

カンボジアは今年10月23日、国際化したカンボジア紛争に終止符を打った「パリ和平協定」の締結から20周年を迎えます。この間、カンボジアの国家と社会、そして人々の生活は大きな変化を遂げました。とくに2000年代以降、同国では政治的安定のもとで経済活動が多面的な展開をみせ、急速な経済成長が続いています。しかしその一方で、貧富の格差の拡大や土地問題の急増など、新たな紛争と社会の分裂を誘発しかねない、経済開発の負の側面が顕在化しています。

こうした開発下にあるカンボジアの現状を、どのように理解すればよいのでしょうか。

また、持続的な発展と平和という観点からみた場合、カンボジアはどのような方向へ向かっているのでしょうか。

本シンポジウムでは、中堅・若手のカンボジア研究者とNGO職員が、過去20年間のカンボジアの変化と現状を、コミュニティーを基礎としたミクロ・レベルの視点と、マクロ・レベルの政治・経済の視点から検証し、持続的な発展と平和の実現に向けた諸課題について議論します。

日時 2011年10月15日 (土) 14:00~18:00 (13:30開場)

来る10月15日(土)と17日(月)、来日中のアフガニスタン人スタッフを囲み、現地の人々の平和への思いとそのための取組みを聞く"ピース・イン・アフガニスタン"企画を開催します。今回来日するのは、アブドゥル・ワハーブ(地域保健医療活動担当/医師)とサビルラ・メムラワル(総務・治安管理・アドボカシー担当)の2名です。米軍の撤退やタリバンの襲撃事件のニュースばかりが流れていますが、そこに暮らす人たちが何を望んでいるのか、いま挑戦していることに展望はあるのか、ゲストを交え現地の人たちの声を聞きます。どうぞご参加ください。

日時 2011年10月15日 (土) 14:00~16:00 (13:30開場)

<主催者広報文>

JVC(日本国際ボランティアセンター)九州ネットワークが支援をしているカンボジア・シェムリアップ地方の農村開発プロジェクトについて、JVC東京事務所カンボジア担当/元JVCカンボジア現地代表の山崎さんを迎え、プロジェクトの様子や国際協力について話しを伺いたいと思います。どなたでもご参加下さい。

日時 2011年10月 8日 (土) 18:30~20:00
映画『エネミーズ・オブ・ザ・ピープル(人民の敵)』映画『エネミーズ・オブ・ザ・ピープル(人民の敵)』

「UNHCR難民映画祭」は、戦争や紛争、人権侵害や自然災害によって故郷を追われ、なお力強く生き抜く人々と、かれらを支えようと手を差し伸べる人々とが描かれた作品を紹介しています。

今年も東京都内6会場で18作品が上映されます。日本初公開の作品も、すでに名作との声も高い作品も無料でご覧いただけます。

今年はJVCから、職員4名が、現地での経験を通して作品の背景を語る機会をいただきました。なお、作品の概要は難民映画祭の公式サイトをご覧ください。皆様のご来場をお待ちしています。

日時 2011年10月 7日 (金) 19:00
映画『そのひとときの自由』映画『そのひとときの自由』
©Les films du losange 2011

「UNHCR難民映画祭」は、戦争や紛争、人権侵害や自然災害によって故郷を追われ、なお力強く生き抜く人々と、かれらを支えようと手を差し伸べる人々とが描かれた作品を紹介しています。

今年も東京都内6会場で18作品が上映されます。日本初公開の作品も、すでに名作との声も高い作品も無料でご覧いただけます。

今年はJVCから、職員4名が、現地での経験を通して作品の背景を語る機会をいただきました。なお、作品の概要は難民映画祭の公式サイトをご覧ください。皆様のご来場をお待ちしています。

日時 2011年10月 6日 (木) 19:00

1994年に北米自由貿易協定(NAFTA)が成立し、域内で農作物の自由貿易が行われるようになりました。 このことにより、安い農作物が手に入るようになった一面もありますが、トウモロコシなどの穀物がバイオ燃料の原料として使われるようにもなり、主食として食べるために安定して手に入れることが難しくなってきています。実際にメキシコでは、食料価格が高騰した2007~2008年に、トウモロコシを原材料とし、主食として親しまれている「トルティーヤ」の値段が高騰したことで、暴動まで起こったほどです。NAFTAの成立後、南米の国々ではどのようなことが起こっているのか。メキシコなどの事例をもとに報告します。

また、環太平洋戦略的連携協定(TPP)への参加についての議論が日本国内でも起こっているなか、設立から20年近くになるNAFTAの例から何か学べることはあるのでしょうか。米も含めた農作物の価格についてどのように考えていけば良いのか、これからどこへ向かっていくべきなのかを討議します。皆さまふるってご参加ください。

日時 2011年10月 6日 (木) 18:30~20:30
映画『ストレンジャーズ・ノー・モア -私たちの教室-』映画『ストレンジャーズ・ノー・モア -私たちの教室-』

「UNHCR難民映画祭」は、戦争や紛争、人権侵害や自然災害によって故郷を追われ、なお力強く生き抜く人々と、かれらを支えようと手を差し伸べる人々とが描かれた作品を紹介しています。

今年も東京都内6会場で18作品が上映されます。日本初公開の作品も、すでに名作との声も高い作品も無料でご覧いただけます。

今年はJVCから、職員4名が、現地での経験を通して作品の背景を語る機会をいただきました。なお、作品の概要は難民映画祭の公式サイトをご覧ください。皆様のご来場をお待ちしています。

日時 2011年10月 5日 (水) 19:00
映画『ミールという名の少年』映画『ミールという名の少年』

「UNHCR難民映画祭」は、戦争や紛争、人権侵害や自然災害によって故郷を追われ、なお力強く生き抜く人々と、かれらを支えようと手を差し伸べる人々とが描かれた作品を紹介しています。

今年も東京都内6会場で18作品が上映されます。日本初公開の作品も、すでに名作との声も高い作品も無料でご覧いただけます。

今年はJVCから、職員4名が、現地での経験を通して作品の背景を語る機会をいただきました。なお、作品の概要は難民映画祭の公式サイトをご覧ください。皆様のご来場をお待ちしています。

日時 2011年10月 3日 (月) 16:00

パレスチナの刺繍製品を販売します

パレスチナの刺繍を施した雑貨を販売しますパレスチナの刺繍を施した雑貨を販売します

獨協大学のキャンパス内で行われる国際交流フェスティバル「草加国際村一番地」。様々なイベントが行われますが、JVCは世界の民芸品や雑貨などを販売する「ワールド・バザール」の中で、パレスチナの刺繍製品を販売するブースを出展します。獨協大学の外国語学部の学生たちのご協力を受け、当日は来場者の皆さんにパレスチナ文化を紹介します。

フェスティバルは、他にも、合気道で交流を図る「武道で国際交流」、留学生たちと話ができる「おしゃべりコーナー」、世界の衣装を着て記念写真が撮れる「世界と日本の衣装:試着体験してみましょう」など、盛りだくさんな内容になっていますので、皆さんもぜひご来場ください。

日時 2011年10月 2日 (日) 10:30~16:00
ブースでは活動紹介のほかに各国の手工芸品を販売します。ブースでは活動紹介のほかに各国の手工芸品を販売します。

秋の国際協力イベントといえば、このグローバルフェスタ(10月1~2日)。JVCは、今年も会場にて(テント場所:O-4)活動紹介、物品販売を行います。スタッフ、インターン、ボランティアで盛り上げますので、ぜひお立ち寄りください。

JVC以外にも、数多くのNGOをはじめ、各国大使館、官公庁、青年海外協力隊、国連機関がブースを出しています。国際協力に関心がある方にとっては、情報収集にもってこいの場です。また、フードコーナーも充実。異国の味を楽しめます。

また、毎年行われているチャリティーランの寄付先として、今年はJVCパレスチナのガザ地区における子どもの栄養改善事業が選ばれました! このチャリティーランの閉会式にはJVCパレスチナ事業担当も出席する予定です。

メインステージでは、「藤原紀香トークショー」や、「モーニング娘。と一緒に学ぶ国際協力」、「緊急レポート:アフリカの角は今」など、おもしろそうなイベントがたくさん。関心あるイベント、団体をチェックして、会場へ!!

日時 2011年10月 1日 (土)~2011年10月 2日 10:00~17:00
団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net