チケット1枚の国際協力

指揮者・ソリスト紹介

指揮・カウンターテノール 青木 洋也

2015aoki-2 東京藝術大学大学院で古楽演奏、エリザベト音楽大学大学院で宗教音楽学を学び、在学中より定期的に渡欧して研鑽を積む。宗教音楽を専門とし、J. S. バッハの『マタイ』『ヨハネ』の両受難曲や、多数のカンタータの独唱をつとめる。バッハ・コレギウム・ジャパンの主要メンバーとして国内外の公演・録音に参加している。ソロCDでは、2011年「大いなる神秘」(Regulus)、2013年「夜の祈り」(WAON RECORDS)、2014年「時が止まる/イギリス・リュートソング集」(Regulus)か~あり、レコード芸術特選盤、朝日新聞for your Collectionでは「ソフトで華のある歌唱が往年の名歌手アルフレッド・デラーに例えられる」等、いずれも好評を得ている。2016年3月に4枚目となる「タケミツを歌う ~フォルテピアノと共に~」(ALM RECORDS)を発売。 近年は、合唱指揮者としても活躍しており、音楽誌上で「隙のない音楽づくりと、そのナンバーにふさわしい情景描写の的確さ、声楽・器楽の見事なまとめ方は、彼の適応性とこれまでの経験の基盤がモノを言っている」と高く評価されている。2009年にはライプツィヒ・トマス教会において バッハのモテット演奏会(Bachchor Leipzig)の指揮者をつとめた。 2013年2月ニューヨーク・カーネギーホールにてヴェルディ『レクイエム』、2015年1月にジューネーブ・ヴィクトリアホールにてヘンデル『メサイア』、3月にライプツィヒ・聖ニコライ教会にてバッハ『ヨハネ受難曲』を指揮し大成功へと導いた。G.A.ホミリウス『ヨハネ受難曲』(ソロ・指揮)の日本初演のライブCD(オーパス蔵)を発売し、レコード芸術誌において特選盤に選ばれている。

ソリスト

ソプラノ:リィム知由紀
2016soprano 高知県出身。ブレーメン芸術大学古楽科修了。声楽を小原浄二、クヌート・ショッホ、 ハリー・ファン デア カンプ、ペーター・コーイ、ジェンマ・ベルタニョッリの各氏に師事。2005年に渡独。 世界各地の音楽祭に出演し、C.プレガルディアンやD.ウィルソン=ジョンソン氏らと共にパリ管弦楽団、バンベルク交響楽団などと共演する。Accentよりカプスベルガー『ベツレヘムの牧人』、ラティス『天使の対話』、ヘンスラーよりヘンデル『アレキサンダーの饗宴』、フォーレ『レクイエム』のCDがリリースされている。第26回国際古楽コンクール山梨にて、最高位を受賞。 バッハ・コレギウム・ジャパン、コレギウム・ヴォカーレ・ゲント、バルタザル・ノイマン・アンサンブル、北ドイツ放送交響楽団、南西ドイツ放送交響楽団のメンバーとしても活躍している。ミュンヘン在住。
ソプラノ:澤江衣里
2016soprano1 国立音楽大学を首席卒業。東京藝術大学大学院修士課程及び博士後期課程修了。英作曲家ロジャー・クイルターの作品を研究、英語と音楽の関係・結び付きに関する論文により博士号(音楽)取得。 バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の演奏会及び録音にソリスト及びアンサンブルメンバーとして参加。2012年BCJ主催公演メンデルスゾーン『パウルス』、2015年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでバッハ『マタイ受難曲』、紀尾井シンフォニエッタ東京第100回演奏会でバッハ『ロ短調ミサ曲』などで、ソプラノソロを務め好評を博す。オペラでは、2008年小澤征爾音楽塾『こうもり』イーダ役、2013年北とぴあ国際音楽祭『フィガロの結婚』バルバリーナ役、等を演じている。 第79回日本音楽コンクール第2位。第11回東京音楽コンクール第2位(最高位)。
テノール:スコット・メロ
2016tenor テノール歌手スコット・メロは、「軽やかなテノール」(New York Times)、「朗々と歌詞を生かす」(クリーブランド・プレイン・ディーラー紙)と、歌声を称賛されている。 ヘンデルの解釈者として知られ、ナッシュビル・シンフォニー『メサイア』、また、ニコラス・マクゲーガン指揮の『サムソン』の主役、ティモシー・ネルソン指揮のアメリカン・オペラ・シアターによる『イェフタ』の主役として出演している。エール大学スコラ・カントールムとジュリヤード415を率いる鈴木雅明指揮のバッハ『ロ短調ミサ』のアジアツアーにも参加した。カルメル・バッハ音楽祭、オレゴン・バッハ音楽祭等の世界的に有名な夏の音楽祭へも参加している。 彼は、ニューヨーク大学、エール大学音楽学部と古典音楽部から学位を得、リッチモンド大学、ワシントン・アンド・リー大学等で声楽教師を務めてきた。
バリトン:フリアン・ミヤン
2016buss スペイン出身のバリトン、フリアン・ミヤンは、バイオリンと声楽をバーゼルやアムステルダムでゲルト・テュルク、マルセル・ブーンに師事。イヴァン・フィッシャー、ジョルディ・サヴァール、パブロ・ヘラス・カサドといった指揮者と共演している。 ベルリン・フィルハーモニー・ホール、ベルリン国立歌劇場、オランダ国立オペラ劇場などで国際的キャリアを積んだ。ヘンデル『メサイア』、オルフ『カルミナ・ブラーナ』、バッハ『マニフィカト』、『マタイ受難曲』、フォーレ『レクイエム』などのソロを務めた。オペラでは、モーツアルト『フィガロの結婚』の伯爵、モンテヴェルディ『オルフェオ』のアポロとパストール、フンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』の父親などを演じた。 ベルリン音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンなど世界的に有名な音楽祭に多数出演している。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お問い合わせ

お名前

Emailアドレス

お問い合せ内容

PAGETOP
Copyright © JVCコンサート事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.