ゆうすけ: 2013年2月アーカイブ

2月10日、JICA横浜にてワークショップ、「南アフリカの人って何食べてるの?―グループワークで南アを知ろう―」を行いました。

「食」がテーマ

10代の学生?70代に至り、総勢27名が参加し、5グループに分かれて熱気あふれるスタートを切りました。みなさんに南アフリカ(以下、南ア)を身近に感じて頂くため、衣食住のうち「食」をテーマにしました。

0210_work.jpg

グループワークの様子

アイスブレイキング!

唐突に、グループワークをはじめよう!では緊張するだろうと考え、はじめにグループ毎に自己紹介と南アに対するイメージを意見交換し、発表、共有しました(緊張ほぐしのためのグループワーク。アイスブレイキング)。若者の「貧しそう」という素朴な発言や、南アをよく知る60代の方の知識あふれる発言も見受けられました。

発表では、多くのチームで「貧困」、「アパルトヘイト」という単語がでました。しかし、南アの「格差」や「HIV/エイズ」に対する認知度は低く、わたしたちは広報活動により力を入れていこうと気を引き締める思いになりました。

いよいよグループワークタイム

さて、ここからが本題のグループワーク。3つの食事の写真を見比べ、どんな人が食べているのか?を考えて頂きました。 さまざま世代の方が参加している効果か、より自分たちの感覚にすりあわせた議論がなされていました。

ワークショップの詳しい内容は伏せます。またやることがあるかと思いますので、ぜひ体験してみてください。

アンケートの結果

当日のアンケートは21人の方が回答して下さいました。そのうち15人の方が「南アフリカについて少しは知っていた/ある程度は知っていた」と回答されていますが、その方たちは「気づきを促してくれた」「勝手な思い込みがあったと分かった」など、南アフリカについて新たな印象をもったという感想を下さいました。

もちろん、厳しいご意見もあり「もっとパワーポイント、写真を活用したほうがよい」「具体的な数字を知りたかった」ということを頂きました。

参加者の皆さんの感想を励みにして、またこうした機会に挑戦していきます。

(この記事は、よこやまの代筆でアップしました)

このアーカイブについて

このページには、ゆうすけ2013年2月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはゆうすけ: 2012年12月です。

次のアーカイブはゆうすけ: 2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)