エチオピア便り(7):あなたは出かけるとき誰と手を繋ぎますか?

user-pic
0

CIMG0010.jpg 今日は日曜日なので、もう一つ。
 エチオピア便り(2)でもお伝えしましたが、拠点であるバハルダールはタナ湖という湖に面しています。この湖沿いには遊歩道が整備されており、夕方や休日は手をつないで歩いている多くの男性女性が見られます。ん?何かちょっと表現がぎこちない?そう、なんで「手をつないでいる男女」と書かないかと言うと、ここエチオピアでは、男と女だけではなく、女と女そして男と男も手をつないで歩いているからです。これがエチオピアでの普通。そういう風景を見ていると人恋しくなって私も隣の男性の手を・・・いやいやそんなことはありません。
※写真はタナ湖畔の遊歩道の様子。夕方とかの散歩には最適なルートです(さすがに手をつないでいる人たちは写真に撮れませんでした)。ところで、この写真は前回渡航時の1月に撮影したもの。現在タナ湖と青ナイル川を撮影することは禁止されています。その理由は何だと思いますか?正解は・・・ここでは言えません。え?気になって眠れない?たまには眠れない夜を過ごすのもいいでしょう。

このブログ記事について

このページは、すけるが2010年6月21日 03:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エチオピア便り(6):語り継がれるということ」です。

次のブログ記事は「6/26 収穫と草むしり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)