エチオピア便り(6):語り継がれるということ

user-pic
0

CIMG0135.jpg 元JVC活動地のマーシャに行ってきた。たまたま今回の業務対象地域にマーシャが含まれていたからだ。残念ながらJVCの活動地そのものには行けなかったが、2年ほど前、調査対象地域を絞るにあたり現地調査を実施した際に「ここは昔JVCという日本のNGOが植林した土地さ」と現地の役人から言われたそうだ。いい意味でJVCの名前が継承されていることを祈りたい。
※写真はマーシャ近郊にある貯水池。ここに堆積している土砂の量を測量し、そこから逆算した結果、毎年3.4mmというものすごい勢いで流域の表土が流出していることが判明。

このブログ記事について

このページは、すけるが2010年6月20日 03:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エチオピア便り(5):チャイナ!」です。

次のブログ記事は「エチオピア便り(7):あなたは出かけるとき誰と手を繋ぎますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)